糖質制限ダイエットのポイントは糖質が少ない食材を頭にインプットして糖質が少ない食材を選ぶようにすることです。
炭水化物ちょっとだけダイエットのポイントは無理に我慢せずストレスにならない程度の糖質制限をし、体重はこまめに測って体重の増減を把握してその都度調整することです。




■糖質について

糖質は甘い砂糖やチョコレートなどにも含まれる他に、米、パン、イモ類などの炭水化物にも多く含まれています。

■糖質制限ダイエットのポイント

糖質が少ない食材を選ぶ事にあります。
その食材の選び方を頭にインプットすることが重要になります。

■糖質が少ない食材「ばあさまたちにとおなし」

・バター
・アボガド
・魚
・マヨネーズ
・卵
・チーズ
・肉
・豆腐
・オリーブオイル
・納豆
・焼酎

糖質制限ダイエットに一番大切なのは、糖質が少ない食材を知っておくことです。

●オリーブオイルで糖質制限ダイエット
オリーブオイルは動脈硬化を防ぎ、心筋梗塞や脳卒中などの予防にも効果があります。

●肉で糖質制限ダイエット
お肉のタンパク質は食事誘発熱産生といって、消化などをするのに30%もカロリーを使います。
食べただけで30%もカロリーを消費します。
食事誘発熱産生とは、食事をして消化・吸収・分解・代謝することでなどで消費するエネルギーをいいます。

●豆腐で糖質制限ダイエット
豆腐は糖質が少なく、体に必要なタンパク質、ビタミンB郡、鉄分などを多く含む低カロリー食材です。



■炭水化物ちょっとだけダイエット

炭水化物ちょっとだけダイエットとは、炭水化物の主成分の糖質をちょっとだけなら食べても良いダイエット法です。
炭水化物の制限はしますが、絶対ダメだとストレスになるので、ストレスにならない程度の糖質制限をします。
炭水化物ちょっとだけダイエットは栄養管理で計算するのではなく、自分の感覚で糖質を制限します。

■炭水化物ちょっとだけダイエットのポイント

・糖質は減らしても食べる量は減らさない
・糖質が多い物でも小皿で少しだけなら良い
・体重の増減を把握し、毎回の食事で調整する

炭水化物ちょっとだけダイエットでは糖質は制限しますが、食べる量は気にしないのが長続きさせるコツです。
糖質の量は週単位や月単位で調整します。
食べたい物を食べられないとダイエットが長続きしにくくなります。
どうしても炭水化物を食べたい時は、小皿を使い少ない量だけ食べるようにします。
体重はこまめに測って体重の増減を把握します。
糖質を摂り過ぎてしまった翌日は控えるなどして毎日調整します。

■ノルディックウオーキングでダイエット!ノルディックウオーキングで肥満解消

■糖質制限ダイエット!肥満ホルモンのインスリンの分泌を抑える

■ダイエットのポイント!食べる順番、有酸素運動、モナリザ症候群、リバウンド

■咀嚼で顔のむくみを改善!咀嚼トレーニングで脂肪の蓄積を抑え、エネルギー消費を促進

■ストレッチとウォーキングで体の歪みを改善!体の歪み治してダイエット

■オメガ3でダイエット!アマニ油、くるみ、サバのオメガ3の健康効果

■希少糖(きしょうとう)プシコースでダイエット!プシコースの健康効果・肥満改善効果

■朝カレーでダイエット!カレーライスの健康効果、漢方薬とスパイス、簡単カレーの作り方

■糖質制限・ケトン体ダイエット!長寿遺伝子を働かせて若返り効果・老化予防

■呼吸ストレッチ・ウエストマッサージでウエストのシェイプアップ