痛風の治療薬であるフェブキソスタットは痛風の治療に安全に使えます。フェブキソスタットは痛風の管理を楽にします。




■痛風(つうふう)について

痛風(つうふう)とは、尿酸という物質が関節の中に溜まって起こす急性の関節炎です。
関節炎自体は激烈ですが、しばらくすれば治ってしまうのでそのまま放置する人も多くいます。
痛風が本当に恐いのは、尿酸が体の中に多いことで起こる動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中です。
痛風は男性に圧倒的に多くみられ、痛風患者の8割を男性が占めています。

■痛風で激痛が起こるのは

尿酸値が高くなると、関節の中で溶けている尿酸が結晶化し、長い年月をかけて溜まっていきます。
ある日その結晶が剥がれ落ちると、白血球が尿酸の結晶を食べてしまいます。
その時に白血球に含まれる物質が関節に巻き散らかされ、それがひどい炎症を引き起こしてしまいます。
これが痛風で激しい痛みが起こる原因です。

■生活習慣の改善が大切

痛風や高尿酸血症は、代表的な生活習慣病です。
メタボリックシンドロームや脂質代謝異常などとも密接な関係があります。
そのため生活習慣の改善が大切になります。
痛みが引いても高尿酸血症を治療しなければ、心筋梗塞や脳卒中を引き起こしてしまう危険性があります。

■高尿酸血症

尿酸値の基準値が7.0mg/dL以下であること。
10.07.0mg/dLを越えると、30%の人が5年以内に痛風を発症しています。
血管の細胞が尿酸を取り込んで血管壁が厚くなり、心筋梗塞や脳卒中になりやすくなります。

■痛風・高尿酸血症の治療のポイント

・禁酒
・ダイエット
・食事療法

魚卵などの内臓系の物にはプリン体が多く含まれています。
プリン体が最終的に尿酸になるので摂り過ぎは良くありません。

■フェブキソスタットによる痛風の治療

フェブキソスタットはとても安全に使える薬剤で、痛風の管理が楽になります。

■高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)と痛風(つうふう)!プリン体

■痛風の予防!プリン体や尿酸の増加・肥満・アルコールが痛風の原因、高尿酸血症!

■高尿酸血症・痛風!尿酸の抗酸化作用・動脈硬化作用、フェブキソスタット、プリン体!

■高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)!尿酸値を知り、生活習慣を改善することが大切