関節リウマチは40~50代をピークにし全世代で発症し、どの年代でも発症する危険があります。
関節リウマチは近年ではきちんとした治療をすれば普通の生活を送れるようになってきています。
早期発見のポイントは初期症状に気付くことで、治療を受けることにあります。




■関節リウマチについて

関節リウマチとは、全身の関節を激痛が襲い、骨まで破壊する恐い病気です。
朝起きると手の指がこわばって動きにくいが、しばらくすると元に戻ってるという人は、関節リウマチの可能性があります。
関節リウマチは女性に多く、患者数は60万人~100万人にもなるといわれています。
これまで関節リウマチの原因は不明で、一度かかると進行を食い止めることはできない難病といわれてきました。
しかし近年では、きちんとした治療をすれば痛みも腫れも抑えられるようになって、普通の生活を送れるようになってきました。

関節リウマチは高齢者の病気というわけではなく、どの年代でも発症する危険があります。
40~50代をピークにし全世代で発症しています。

■触診による関節リウマチの診断

関節リウマチが始めに現れやすいのは、指などの小さい関節です。
手の指では親指以外の指先はなりにくく、その下が腫れることが多いです。
手の指の他、手首、ヒジ、肩、ヒザ、足首、足指に至まであらゆる関節で腫れや痛みがないか調べます。

■血液検査による関節リウマチの診断

血液の中にある抗CCP抗体という物質を検査します。
抗CCP抗体があると、関節リウマチを発症する可能性が非常に高いということがいわれています。
抗CCP抗体とは、関節リウマチの患者の9割にみられる成分です。
他の関節の病気ではほとんど現れないため、関節リウマチの診断の手がかりとなっています。

■関節リウマチの変形具合を診断

初期の関節リウマチではまだ骨の破壊は起こっておらず、レントゲンでは病気がかなり進行していないと分かりません。

■超音波画像診断

超音波画像診断では、関節内で炎症を起こしている場所が分かるので、関節が変形する前でも関節リウマチを見つけることができます。



■関節リウマチの初期症状

・朝の起床時にしばらく関節がこわばる
・手の指先から2,3番目の関節が腫れる
・腫れている関節を動かすと痛む

関節リウマチを早期に発見することは、関節の破壊を防いで病気の発症を予防することも可能です。
そのためにも検査をするきっかけとなる症状を見つけることが大切になります

■関節リウマチの原因

関節リウマチは、遺伝的な体質や様々な環境要因が重なることで発症します。
いくつかの遺伝子が関節リウマチに関わっているということが分かっています。

●関節リウマチを引き起こす環境要因
・紫外線
・手術
・ウイルス
・細菌への感染
・ストレス
・喫煙
・妊娠・出産

組織がダメージを受けて変性し、それを排除するために免疫が活性化してしまいます。

■免疫の異常で関節リウマチが起こる

関節リウマチは、免疫システムが自分の体を敵とみなして攻撃する「免疫異常」によって起こる病気です。
免疫とは、体の外から侵入した異物から自分の身を守るためのシステムです。
ウイルスや細菌などが体内に侵入しても、免疫細胞が攻撃・排除することで感染症を防いでいます。
しかし様々な環境要因が引き金となって免疫システムに異常が発生すると、免疫細胞が自分の関節を敵と判断して攻撃してしまいます。

自分の体なので排除できず、攻撃はなかなか終わりません。
その間ずっと炎症が続いてしまいます。
こうして起こるのが、関節を包む滑膜(かつまく)が炎症を起こす滑膜炎(かつまくえん)です。
炎症が起こった滑膜からさらなる免疫細胞を呼び寄せるサイトカインという物質が放出されます。
すると骨を壊してしまう破骨細胞(はこつさいぼう)が刺激され、軟骨と骨を破壊してしまいます。
ついには骨と骨がくっ付いてしまい、関節の機能が失われてしまいます。

■関節リウマチが女性に多いのは

関節リウマチが女性に多い理由は、女性ホルモンが関節リウマチを発症させる遺伝子を活性化するためといわれていますが、原因は不明です。

■関節リウマチの治療

●「生物学的製剤」による関節リウマチの治療
生物学的製剤によって免疫異常によって壊れるまで続く関節への攻撃を抑え、関節リウマチの進行を止めることができます。
生物学的製剤の有効率は高いですが、30%くらいの人は効果が不十分で副作用が多いです。

■ストレッチで関節リウマチの進行を予防

1日数回は、関節を曲がる所までいっぱい曲げて伸ばすということを行うことで進行を予防する効果が期待できます。

■関節リウマチの名医(2014年5月時点)

東京女子医科大学附属 膠原病リウマチ痛風センター 所長
山中 寿(やまなか ひさし)先生

住所:東京都新宿区河田町10-22

多くの関節リウマチ・痛風患者を診断する名医です。
「より良質な医療・先進的な研究」を目指しています。

■免疫力アップ方法!日光浴・睡眠・湯たんぽ・鼻呼吸・入浴・ブロッコリースプラウトで免疫力アップ

■ビタミンD欠乏症!日光浴・魚・キノコでビタミンDをアップし癌予防・免疫力アップ

■免疫力アップ法!生魚・生卵・グルタミン・オリーブオイル・森林浴で免疫力アップ!

■キムチで若返り!キムチの乳酸菌で免疫力アップ・アンチエイジング!

■笑いで免疫力アップ!R-1乳酸菌でNK細胞を活性化して健康と癌予防!

■免疫力アップで若くて健康に!ヨーグルトの乳酸菌と笑いで免疫力アップ、NK細胞を活性化