痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

ノルディックウオーキングでダイエット!肥満解消

  • HOME »
  • ノルディックウオーキングでダイエット!肥満解消
ノルディックウオーキングダイエットは誰でも簡単に出来て、効率良く代謝アップして肥満解消につながります。ノルディックウオーキングダイエットは楽しく出来るので長続きしやすいです。




■ノルディックウオーキングについて

ノルディックウオーキングとは、2本のポールを使うことでウオーキングの運動効果を高めるエクササイズです。
普通のウオーキングは主に下半身の筋肉だけを使うのに対して、ノルディックウオーキングは2本のポールを使う事で上半身も使うのが特徴です。
ノルディックウオーキングでは、首から肩・背中へとつながる筋肉や二の腕の後ろ側にある筋肉をはじめ、全身の90%以上の筋肉を使うことができます。
そのためエネルギーの消費量が大幅にアップします。

■ノルディックウオーキングの肥満解消効果

1時間のウオーキングをした場合には約280kcalを消費しますが、ノルディックウオーキングでは約480kcalも消費します。
ノルディックウオーキングは、より大きな肥満解消の効果が期待できます。

■ノルディックウオーキングダイエットを行う前の準備運動

ノルディックウオーキングをいきなり始めると、足が痛くなったり背中が痛くなったりするので、ポールを使ったストレッチから始めます。

小指が上になるように2本のポールの上を持ちます。
顔の前を通って後ろでポールの下を持ちます。
この状態で下に引っ張って二の腕の筋肉をストレッチします。
反対側も同様にストレッチします。

ポールの両端を持って上に持ち上げます。
そのまま横に上半身を倒して脇腹をストレッチします。

ポールの両端を持って上に持ち上げた状態から、頭の後ろを通って下に下げます。
背中側ををストレッチすることで褐色脂肪細胞(かっしょくしぼうさいぼう)が刺激され脂肪燃焼されやすくなります。



■褐色脂肪細胞(かっしょくしぼうさいぼう)

褐色脂肪細胞(かっしょくしぼうさいぼう)は、主に首筋から肩甲骨にかけて集中しています。
ストレッチなどで褐色脂肪細胞に刺激を与えると、脂肪を燃やしやすくする効果があります。
褐色脂肪細胞は脂肪を燃やす細胞として注目されています。

■ノルディックウオーキングの有酸素運動効果

ノルディックウオーキングでは会話しながら楽しくウオーキングします。
会話すると呼吸が出来るので有酸素運動になり、代謝がアップしてダイエットにつながります。
ノルディックウオーキングダイエットは、景色を楽しみながら行うと長く続けていくことができます。

■ノルディックウオーキングダイエットのやり方

まずポールを引きずって歩きます。
引きずりながら段々足のタイミングに合わせて腕を振ってみます。
すると腕が後ろに行くときにポールの先のゴムが地面と少し引っかかる感じが出てきます。
だんだん大きく手を振ってみます。
足は気にしなくても付いてくる感じになります。

■ノルディックウオーキングの歩き方

●普通の歩き方(ノルディックウオーキング)
ポールを付く位置は、前に出した足と残った足の中間を目安にします。

●トレーニングとしての歩き方(ノルディックウオーキング)
ポールを交互に付いて歩きますが、ポールを付く位置は後ろの足のつま先あたりを目安にします。
この歩き方だと腕の後ろの筋肉がより鍛えられ、運動量が大幅にアップします。

●腰やヒザに負担がかからない歩き方(ノルディックウオーキング)
ポールを、前に出した足の横あたりに、垂直に地面に付きます。
この歩き方だと腕に力が入りやすくなり、腰やヒザに負担をかけずに歩くことができます。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.