便秘解消には腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やす食生活の改善が大切です。
腸内の善玉菌を増やす乳酸菌が含まれる発酵漬け物・発酵食品・食物繊維は便秘解消に効果的です。




■女性に便秘が多いのは

平成22年の厚生労働省の調べでは便秘を訴える女性は約330万人もいて、男性の2倍以上ともいわれています。
女性に便秘が多い理由は2つあります。
一つは、女性はもともと骨盤が広いので腸の形が崩れやすいことです。
もう一つは、女性は男性に比べて筋力が弱いため、いきむ力が弱いことです。
便秘に悩む女性の約48%が65歳以上だといわれています。
年を取れば取るほど筋力が弱くなるため、高齢者ほど便秘が増える傾向にあります。

■便秘と感染症・インフルエンザ

便秘は万病の元といわれています。
腸内環境の悪化による便秘で感染症やインフルエンザなど様々な病気を起こすといわれています。
またうつ病との関連も指摘されています。
便秘によって腸に便が長く留まると、腐敗が進み腸内に有害ガスが発生します。
さらに体に様々な害を及ぼす悪玉菌が腸内で増加すると、悪玉菌の出す有害物質によって体内の免疫が低下し、インフルエンザなどにかかりやすくなるといわれています。

■便秘とうつ病

心のバランスを整える作用のあるセロトニンは、ほとんどが腸内で作られます。
しかし腸内に悪玉菌が増えるとセロトニンの分泌量も減少します。
その結果、うつ病になりやすくなるといわれています。
うつ病を患っている人の半数以上が便秘であるという調査結果もあります。

■便秘と大腸癌

腸内環境が悪化した慢性の便秘が続くと、発癌の原因になるといわれています。
これによって大腸癌の発生を引き起こすこともあります。
最悪の場合、死に至る可能性もあります。
大腸癌に加え、便秘が腸閉塞を引き起こし死亡するケースもあります。



■隠れ便秘

隠れ便秘とは、毎日トイレに行くにもかかわらず、便の出る量が少なかったり便が固かったりして、便秘と同じ状態にある人のことをいいます。

■便秘解消には食生活を改善

腸を活発にするためには、腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことが大事になります。

便秘解消に大切なことは、食生活の改善にあります。

■発酵漬け物で便秘解消

発酵漬け物とは、ぬか漬け、味噌漬け、麹漬けのような乳酸菌の発酵をともなう漬け物をいいます。

発酵漬け物で乳酸菌を摂ると、善玉菌が増えて腸内環境を良くします。

ただし漬け物には塩分も含まれるため、食べ過ぎに注意が必要です。

■発酵食品や食物繊維で便秘解消

納豆、ヨーグルトなどの発酵食品、リンゴなどの食物繊維を含む食材も便秘解消に効果的です。

■便秘・下痢解消法!うつ伏せ・8時間以上の空腹時間で便秘や下痢を解消、腸の痛み・病気

■オナラ解消!ヨーグルトでオナラ解消、便秘解消でオナラの臭いを解消、大腸憩室!腸の痛み病気対策

■笑顔・呼吸法で便秘解消!副交感神経の活性化方法、便秘解消食材、便秘外来

■便秘!ねじれ腸による便秘、便秘解消マッサージ、CTコロノグラフィー