■胃痛について

胃痛とは、胃酸が多く分泌されて胃粘膜に炎症を起こしたり、暴飲暴食で胃に傷が付くことで起こります。
胃痛の原因の多くは普段の食生活にあります。
なかでも胃痛を引き起こす可能性が高いのがアルコールです。
空腹時の一杯目の飲酒や飲み過ぎは胃粘膜に大きなダメージを与えてしまいます。




■胃もたれ

健康な胃では、消化した食べ物を腸に送り出すように胃の前庭部(ぜんていぶ)というところが活発に動いています。

■慢性胃炎

慢性胃炎になると胃粘膜が萎縮し、胃酸の分泌が減少して消化機能が低下してしまいます。

■胆汁の逆流による胃もたれ

胆汁とは、十二指腸でタンパク質や脂肪を分解し吸収しやすくするための液体です。
胆汁はアルカリ性の液体で、酸性の胃酸と混ざり合ってしまうと胃酸の濃度が下がり消化機能が低下してしまいます。
そのため食後いつまで経っても食べ物が消化されず胃もたれが起こってしまいます。
胆汁の逆流は、胃の位置が十二指腸よりも下がった胃下垂(いかすい)の人に多くみられます。
気になる人は腹筋をするなどしてお腹周りの筋肉を付けることで予防できます。

■逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)について

逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)とは、胃液が食道に逆流して炎症を起こしてしまう病気です。
逆流性食道炎を放置すると、食道癌になってしまう危険性があります。
肥満体型の人は脂肪で常に胃が圧迫されている状態になるため、胃液が逆流しやすくなってしまいます。



■機能性ディスペプシアについて

機能性ディスペプシアとは、胃潰瘍(いかいよう)などの明らかな病気はないのに、胃に不調や痛みを感じる病気です。
機能性ディスペプシアは日常生活のストレスが原因といわれ、現代人に増えています。

■ピロリ菌と胃の不調

ピロリ菌は繁殖力が強く、一度感染すると自然治癒はありません。
ピロリ菌はべん毛をスクリューのように回転させ、胃の中を縦横無尽に移動します。
さらには針のような物で胃粘膜を攻撃します。
通常胃は、強い酸性の胃酸から胃粘膜によって守られています。
しかし強い胃散の中でも生きることができるピロリ菌は、胃粘膜の細胞に直接針を差して毒素を注入します。
すると慢性胃炎や胃潰瘍、さらには胃癌までも引き起こしてしまいます。
健康な胃はひだをたくさん作り、表面積を広くして多くの胃酸を分泌しています。
しかしピロリ菌に感染すると胃の壁が薄くなり、胃酸も出せなくなってしまいます。
さらに慢性炎症も起こり、だんだんつるつるの胃になってしまいます。
日本人の胃癌の99%はピロリ菌の感染があるといわれています。

●ピロリ菌の除菌
胃酸を抑える薬1種類と抗生物質2種類を1週間1日2回飲み続け、ピロリ菌を除菌します。

■緑黄色野菜で胃癌予防

緑黄色野菜に含まれるβカロテンには、発癌性物質を抑える効果があります。
煮物にすれば消化もよく食べやすくなります。

■タマネギのケルセチン・ニンニクのDATSで胃癌予防!萎縮性胃炎と胃癌 痛み・病気対策

■胃食道逆流症!胸焼け、逆流性食道炎、非びらん性逆流症、胃の痛み・病気

■胃潰瘍の治療法!ピロリ菌の除菌法、NSAIDs、低用量アスピリン、胃の痛み・病気

■機能性ディスペプシア!胃もたれ・胃の痛み・早期満腹感の症状改善

■食事抜き胃もたれを解消法、大根おろしパイナップルジュースで胃もたれ解消
■コップ一杯の常温の水で胸やけ解消!胸やけ時にやってはいけない事

■胃を元気にする方法!タウリン・ビタミンU・フコダインの健康効果

■機能性ディスペプシアについて!胃もたれ、集中力の低下、不眠などの症状が起こる病気

■ピロリ菌と胃癌!萎縮性胃炎、感染ルート、LG21乳酸菌でピロリ菌を抑制!胃の痛み病気対策

■機能性ディスペプシア!胃酸過多、知覚過敏、ストレス、生活習慣の改善!
■胃食道逆流症(いしょくどうぎゃくりゅうしょう)!逆流性食道炎、非びらん性逆流症!

■機能性ディスペプシア!ストレスの胃への影響、胃潰瘍、胃炎

■胸焼け!食道アカラシア、逆流性食道炎、蠕動運動、噴門!