■水ぶくれ

水ぶくれは、新しい靴を履いたときなどに出来る靴擦れなど、誰にでもよくできます。
春先になると流行する手足口病、感染症であるとびひ、ストレスなどで起こる帯状疱疹(たいじょうほうしん)などでも水ぶくれができます。
水ぶくれの中には放置すると命に関わる危険な水ぶくれもあります。




■類天疱瘡(るいてんぽうそう)について

類天疱瘡(るいてんぽうそう)とは、本来体を守るはずの免疫細胞が何らかの原因で暴走し、皮膚の表面とその内側をつなぐ細胞を攻撃することで水ぶくれが出来てしまう自己免疫疾患の一つをいいます。
類天疱瘡を放置していると暴走した免疫細胞が全身の皮膚に及び、最悪の場合細菌感染から死に至ることもあります。
70歳以上の高齢者に多く発症し、推定患者数は約1万5千人~2万人ともいわれています。
類天疱瘡は早期発見できれば完治可能です。

●類天疱瘡(るいてんぽうそう)の特徴
・腕や足、お腹などに1~2個発生
・1cm以上の大きさ
・かゆみがある

何もしていない場所に突然かゆみのある水ぶくれができ、水ぶくれが破けにくいという特徴があります。

■顔の赤み

化粧品によるかぶれやアレルギーなどで起こる顔の赤みですが、まぶたに出る赤みには胃癌の可能性があるので注意が必要です。

●胃癌の特徴
・左右のまぶたとも同じように赤くなる
・少し腫れがある

●胃癌によるまぶたの赤み
胃癌は初期段階では自覚症状がほとんどありません。
そのため早期に発見することが難しいといわれています。
胃癌の最大の特徴は、 赤みはあるが、かゆみがないことです。
アレルギー反応などで起こる赤みはかゆみを伴い、皮膚の表面にポツポツなどの異常がみられます。
しかし癌によるまぶたの赤みは皮膚の奥で炎症が起きているため、皮膚の表面自体にはポツポツなどの異常はなく、またかゆみも生じません。
まぶたの赤みのある人は、胃癌の他にも肺癌や乳癌を発症している人もいます。
癌細胞が免疫細胞に攻撃されると、皮膚の細胞に似た構造に変化することがあります。
この変化によって免疫細胞が正常な皮膚の細胞を癌と誤って攻撃してしまいます。
このとき特に薄くて弱いまぶたにその症状が現れると考えられています。
さらにまぶたの赤みと一緒に、手の関節にも赤みが現れることが多いそうです。
このような皮膚の異変に気付くことで、癌の早期発見につなげることができます。



■赤いポツポツ

赤いポツポツは、湿疹やアレルギーによるものなど最もよくある皮膚症状の一つです。

●危険な病気が潜む赤いポツポツの特徴
・背中やお腹などあらゆる所に発症する
・ポツポツの中心にはかさぶたのような白いものができる
・かゆみをおびることもある

■糖尿病

糖尿病とは、血液中の糖分をエネルギーに変えるインスリンの働きが低下してしまい、血液中に糖分が多く現れてしまう病気です。
糖尿病の主な原因としては、高カロリー食の食べ過ぎ、運動不足による肥満などがあります。
糖尿病を放置すると心筋梗塞や脳梗塞などを発症して命に関わることもあります。
糖尿病がやっかいなのは、初期段階では症状がほとんど出ないことです。
しかし糖尿病の患者の約30%は、様々な皮膚の症状が出るといわれています。
皮膚の近くの毛細血管の中で血糖が増えると、ブドウ糖が血管壁に結合して壁の弾力が失われ、血流が悪くなります。
するとその周りの皮膚の細胞が酸素不足におちいり、皮膚のコラーゲンが壊死してしまいます。
その結果、皮膚の上からのちょっとした刺激でも炎症が起こり、赤いポツポツができてしまいます。
糖尿病によってできる赤いポツポツは、血糖値が改善すれば毛細血管の血流もよくなりポツポツが消えることもあります。

●糖尿病の早期発見の皮膚サイン
・脛(すね)の前側に1~2cm程度の大きさの茶色いシミが5~6個以上できる
・手首やヒジなどの関節の周囲に1cm前後の大きさの盛り上がり
 中心がへこんでいる、硬さがある

■皮膚科の名医

社会医療法人厚生会 木沢記念病院 病院長
北島康雄(きたじま やすお)先生

のべ1万人以上を治療し、難治性の皮膚病を30年間研究しています。
医師が選ぶベストドクターズ・イン・ジャパンに2度も選出されています。

■ホットタオルで美肌!ヒートショックプロテインと美肌、肌とコラーゲンの関係、ビタミンCで老化予防

■冬のスキンケア!肌の水分を上手に保ってかゆみを予防、肌にやさしい入浴法

■リンパ浮腫について!手術後のリンパ浮腫についてのケア法や治療法、リンパ誘導マッサージ

■肌のシワ!日焼け止めでシワ予防、シワを目立たなくする化粧法、弾性線維がシワの原因

■大人ニキビのケア!ニキビが出来た時のメイク法、洗顔後の保湿、化粧水の使い方!

■乾癬(かんせん)!症状、原因、治療法、新薬の生物学的製剤、TNFα、日常生活での注意点

■顔の毛穴を目立たなくする方法!正しい泡洗顔法・保湿法、皮膚常在菌、オレイン酸!

■思春期ニキビ、大人ニキビ!ニキビ治療薬アダパレン、保湿で乾燥予防!