■白内障(はくないしょう)について

白内障(はくないしょう)とは、加齢と共に誰にでも起こりうる目の病気です。
白内障を発症すると、焦点が合わず距離感がとりにくくなったり、視界が白く霞んで見えるといった症状が起こります。
白内障は、老化などの原因によって目の中にあるレンズの水晶体が濁ってしまう病気です。
水晶体は目の中でピント調節などの役割をになっています。
水晶体のタンパク質が老化などにより変性し、白く濁ってしまった状態が白内障です。
白く濁れば濁るほど見えにくくなります。
白内障は除々に進行していくため発症に気付きにくいことが特徴となっています。

■白内障チェック

・屋内から外に出ると光がまぶしく感じる
・以前より色の鮮やかさがを感じない
・メガネをかけても焦点が合いにくい
・暗いところで物が見えにくくなった
・長時間の読書で疲れやすくなった

当てはまる項目が多いほど白内障の可能性があります。
水晶体に濁るがあると、目に入った光が拡散してまぶしく感じやすくなります。
白内障になると、白く霞んだ視界のため色の濃淡が分かりにくくなります。
白内障は40歳くらいから発症し、70代では約8割に症状が現れます。

■白内障の治療

白内障の治療としては、手術で濁りを取り除き、人工の眼内レンズを入れる手術を行います。
濁りを超音波で小さく砕いて吸い取ります。

■黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)について

黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)とは、加齢によって網膜の黄斑部に障害が起こり、歪んで見えたり視力が低下する病気です。
黄斑変性症は、早期発見できれば薬物療法やレーザー療法で治療が可能です。

■緑内障!眼底検査・OCT検査で緑内障の早期発見、チューブシャトン手術

■緑内障(りょくないしょう)症状、原因、治療法、検査法、緑内障チェック法

■白内障(はくないしょう)!皮質白内障と核白内障、水晶体の濁り、目の痛み病気!

■緑内障!目の衰え異常を早期発見、フィリングイン、フリッカーテスト!

■緑内障について!眼科検査で早期発見し治療することが大切!