■緑内障(りょくないしょう)について

緑内障(りょくないしょう)とは、視神経が傷付くことで除々に視野が欠けてしまう病気です。
緑内障は発症していても、かなり進行してからではないと自覚症状が現れません。
緑内障は一度進行してしまうと、失われた視野を治療で回復させることができません。
そうならないためにも、出来るだけ早期に緑内障を発見して対処することが重要になります。
緑内障は検査で発見されることが9割といわれています。




■緑内障になりやすい人

・40歳以上
・近視の人
・遠視の人
・身内に緑内障の人がいる
・目の何らかのダメージを負ったことがある

■緑内障は進行しないと自覚症状に気付きにくい

通常、目の中には内側から外側に向けて眼圧という圧力がかかっている。
眼圧が高くなると目から脳へと情報を送る視神経が眼圧によって圧迫され、押しつぶされて傷付いてしまいます。 すると視野の一部が欠けたりします。
私達の通常両目で見ているため、視野が欠けてももう片方の目がそれを補ってしまうため、視野の異常に気付きにくい点があります。
またその変化も少しずつ起こるため、かなり進行するまでは自覚症状は現れません。

■緑内障チェック

片目を手で隠して真っ直ぐ前を見ます。
自分の鼻とか見づらいところがないかをチェックします。
ある一点を見ていて、どこか見づらいとこrがないかをチェックします。

■眼底検査で緑内障の早期発見

眼圧が正常でも緑内障を発症する場合があります。
特に40歳以上の人は、年に一度は眼底検査を受けることが大切です。
もしそこで緑内障の疑いがある場合は視野検査を受けた方がよいです。
緑内障の早期発見に重要なのが眼底検査です。
瞳孔に光を当て、眼球内を撮影することで視神経や網膜の状態を調べます。

●視野検査
視野検査では、のぞきこんだ機械の中に表示される光の点に合わせ、手元のスイッチを押すことで視野の欠けている部分がないかをチェックします。
片目ずつ見えている視野を測定して緑内障の進行具合を調べます。

■OCT検査で緑内障を早期発見

OCT検査とは、眼底に赤外線を当てて反射光を解析し、眼球内の状態を3次元で調べることができます。
OCT検査で3次元で調べることで、網膜や視神経の厚さも分かります。
眼圧で潰された視神経の厚みをより詳しく解析することが可能となり、緑内障の早期発見に有効です。

■緑内障の治療

緑内障を発症すると元に戻すことはできないので、緑内障の進行を抑えることが治療になります。
点眼薬で眼圧を下げる治療を行います。
点眼薬を使っても十分に眼圧が下がらない場合は手術を検討します。

●チューブシャトン手術
眼圧を上げている水の抜け道を目の側に埋め込む手術を行います。

■緑内障(りょくないしょう)症状、原因、治療法、検査法、緑内障チェック法

■白内障(はくないしょう)!皮質白内障と核白内障、水晶体の濁り、目の痛み病気!

■緑内障!目の衰え異常を早期発見、フィリングイン、フリッカーテスト!

■緑内障について!眼科検査で早期発見し治療することが大切!

■白内障(はくないしょう)!白内障の治療、黄斑変性症