不整脈は脈拍が不規則になることをいいます。
脈が飛ぶ期外収縮は不整脈の一つです。
心室細動は心臓が規則正しい収縮を行えなくなりけいれんしてしまう状態をいいます。




■不整脈(ふせいみゃく)について

不整脈(ふせいみゃく)とは、脈拍が不規則になることをいいます。
通常、人は1分間に60~100回の一定のリズムで脈を打っています。
しかし不整脈になると、脈が異常に遅くなる除脈(じょみゃく)になったり、脈が異常に早くなる頻脈(ひんみゃく)になったりします。
人によっては1分間に200回以上脈を打つこともあります。
不整脈の中には突然死を招く危険なものもあります。

■期外収縮(きがいしゅうしゅく)について

脈が飛ぶ期外収縮(きがいしゅうしゅく)も不整脈の一つです。
期外収縮は運動や緊張、興奮などで起こる場合が多く、30歳を過ぎると誰にでも起こるといわれています。
睡眠不足や疲労、ストレスなどが症状を悪化させる原因だと考えられています。

■心室細動(しんしつさいどう)について

心室(しんしつ)とは心臓の下にあり、全身に血液を送り出すポンプの役割をになっている場所です。
そもそも心臓は、電気が伝わり動くようになっています。
しかし心臓を動かしている電気系統が何らかの原因で混乱すると、規則正しい収縮を行えなくなってしまいます。
すると心室がブルブルと振るえてケイレン状態を起こしてしまいます。
これが心室細動(しんしつさいどう)です。
心室細動が起こると血液を送り出せなくなるため、数秒で意識を失ってしまいます。
この状態が続くと死に至ってしまいます。
心臓に関係する突然死のほとんどが心室細動を起こしているといわれています。

■心室細動と運動

心臓の疾患を持つ人が運動をきっかけに心室細動を起こすことも多くあります。
運動中は心臓を動かす電気の乱れが起こりやすいといわれています。

■AED(自動体外式除細動器)

AED(自動体外式除細動器)とは、動かなくなった心臓に電気ショックを与えて正常なリズムに戻す医療機器です。

■狭心症の治療・予防法!不安定狭心症、冠攣縮性狭心症

■心臓病!大動脈弁狭窄症、心不全、心房細動、不規則な動悸 痛み・病気対策

■心筋梗塞!胸焼けや冷や汗は心筋梗塞の前兆、のんびり性格は心筋梗塞リスクが低い

■心不全(しんふぜん)!心不全の症状や治療法を紹介!心臓の痛み病気対策

■狭心症対策!不安定狭心症、カテーテル治療、バイパス手術

■異型狭心症(いけいきょうしんしょう)!更年期障害

■心筋梗塞の予防!気温差の影響、体幹部の保温が大切