狭心症は胸の痛みなどの症状の他、放散痛として歯や肩に痛みが起こることがあります。
また坂道や階段などで繰り返し狭心症の症状が起こることもあります。
特に今までよりも強い症状、長くなる症状、頻繁に起こる症状は心筋梗塞の疑いがあるので早目に専門医を受診しましょう。




■狭心症(きょうしんしょう)について

心臓は血管を通して全身に血液を送り出している臓器です。
心臓自体も冠動脈(かんどうみゃく)という血管に取り囲まれていて血液を受け取っています。
冠動脈の壁の内側にコレステロールなどが溜まり、血液の通り道が次第に狭くなった状態を狭心症(きょうしんしょう)といいます。
心臓が必要とする血液が不足して様々な症状が起こります。

■狭心症と心筋梗塞

狭心症で血管の中が狭くなった状態から、さらに血の塊などが出来ることによって完全に詰まってしまうと心筋梗塞になってしまいます。
心筋梗塞になると詰まった先の部分に血液が流れなくなり、心臓の一部が壊死してしまいます。
つまり場所によっては突然死に至ることもあります。

■狭心症の症状

・締め付けられるような胸の痛み
・放散痛(ほうさんつう)
 狭心症の典型的な症状としては、締め付けられるような胸の痛みがあります。

■狭心症や心筋梗塞の放散痛(ほうさんつう)としての症状

・奥歯・腕・背中の痛み
・のどの痛み
・肩こり
・胸焼け

痛みの信号は脊髄を通り脳に伝えられます。
腕の痛みの信号が心臓の痛みの信号の近くを通るため、心臓の痛みを腕の痛みと勘違いしてしまうことがあります。
これが放散痛(ほうさんつう)です。
歯・肩・背中の痛みと勘違いすることもあります。
これが狭心症や心筋梗塞で起きる放散痛の原因だと考えられています。
狭心症の放散痛としての症状は、体の左側に起こることが多いといわれています。
狭心症の放散痛は運動時に起こることが多いといわれています。
例えば坂道や階段などで起こることがあります。



■不安定狭心症(ふあんていきょうしんしょう)について

不安定狭心症(ふあんていきょうしんしょう)とは、心筋梗塞に移行する危険が高いといわれる狭心症をいいます。
狭心症の症状が今までよりも強く起こる、長く起こる、軽い運動時でも起こる、頻繁に起こることがあり、さらに初めて狭心症の症状が出てから1ヶ月以内に起こる場合は不安定狭心症の疑いが強く危険だといわれています。
不安定狭心症はコレステロールの領域が大きく、また膜が薄いために破れやすいという危険があります。
破れてしまうと血栓が出来て心筋梗塞になる危険があります。

■冠攣縮性狭心症(かんれんしゅくせいきょうしんしょう)について

冠攣縮性狭心症(かんれんしゅくせいきょうしんしょう)とは、深夜から早朝にかけて胸の痛みや息苦しさなどの症状が起こる狭心症をいいます。
冠攣縮性狭心症は、けいれんを起こして血液が不足して狭心症の症状が起こります。

■狭心症の治療法

狭心症の治療法としては、まず生活習慣の見直しを行います。
また糖尿病などの持病がある人はその治療も行います。

●薬物療法(狭心症の治療)
・ニトログリセリン(舌下錠、スプレー):症状を鎮めます
・β遮断薬     :動脈硬化型の狭心症の症状を予防します
・カルシウム拮抗薬 :冠攣縮性狭心症の症状を予防します
・スタチン     :動脈硬化を改善します
・アスピリン    :血栓を予防します

●カテーテル治療(狭心症の治療)
心臓の冠動脈の狭くなっている部分にステントと呼ばれる金網状の筒を送り込み血管を広げる治療法です。
治療後は血栓を予防する薬を長期間服用することが必要になることもあります。

●生体吸収性のスキャフォールド(カテーテル治療)
外科で使う生体吸収糸を使うため2年程で血管の中で吸収されてなくなっていきます。

●バイパス手術(狭心症の治療)
冠動脈の根元側から狭くなった部分の先の方に新たに血管をつないで血液の迂回路を作る治療法で、血管は患者自身の健康な血管を使います。

●狭心症再発予防
・セルフモニタリング(事故観察)
 狭心症の症状の変化、血圧や心拍数、体重の管理

・運動療法
 ウォーキングなどの有酸素運動が基本。
 楽に動けるようにする
 狭心症の症状軽減
 生活習慣の改善
 血管の拡張能力アップ
 不安やうつを改善

・食事療法

・薬の適切な使用

■心臓病!大動脈弁狭窄症、心不全、心房細動、不規則な動悸 痛み・病気対策

■心筋梗塞!胸焼けや冷や汗は心筋梗塞の前兆、のんびり性格は心筋梗塞リスクが低い

■心不全(しんふぜん)!心不全の症状や治療法を紹介!心臓の痛み病気対策

■狭心症対策!不安定狭心症、カテーテル治療、バイパス手術

■異型狭心症(いけいきょうしんしょう)!更年期障害!

■心筋梗塞の予防!気温差の影響、体幹部の保温が大切!