大動脈弁狭窄症は大動脈弁が硬くなり上手く開閉しなくなる病気です。
心不全は心臓のポンプ機能が低下して血液を十分に送れない病態をいいます。
心房細動は心房が電気信号の異常によってけいれんを起こしてしまう病気です。
血液をうまく送り出せなくなって血栓でき、脳梗塞を発症する危険性があります。




■大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべんきょうさくしょう)について

大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべんきょうさくしょう)とは、血液を送り出す左心室(さしんしつ)と大動脈の間にある大動脈弁が動脈硬化などの影響で硬くなり、上手く開閉しなくなる病気です。
全身に血液が流れにくくなるため、心臓がフル回転して除々に疲弊していきます。
すると働き過ぎた心臓内部で電気信号の異常が発生し、心臓の急停止など突然死を起こすことがあります。
大動脈弁狭窄症が増えている原因としては、食べ過ぎや喫煙などの生活習慣の乱れが考えられています。
高血圧患者や脂質異常症などの増加が、病気の発症に大きく影響しています。

■心不全(しんふぜん)について

心不全(しんふぜん)とは、何らかの原因によって心臓のポンプ機能が低下し、全身に血液を十分に送れない病態をいいます。
心不全の最大の原因は高血圧です。
血圧が高くなると心臓の壁に大きな圧力がかかるため、心臓の壁がどんどん分厚くなり大きくなっていきます。
その結果、柔軟に収縮することができなくなり、ポンプ機能が低下してしまいます。
心不全になると息切れやめまいなどの症状がでるだけではなく、心臓内に電気信号の乱れが起こり突然死を引き起こすこともあります。
心不全が増えている理由は、食生活や喫煙などの生活習慣の乱れです。
心不全の特徴的な症状は身体のむくみです。
特に足などのむくみが気になる人は、循環器内科を受診しましょう。

■心房細動(しんぼうさいどう)について

私達の心臓は2つの心房と2つの心室という4つの部屋でできています。
心房細動とは、そのうち心房が電気信号の異常によってけいれんを起こしてしまう病気です。
心房細動は加齢やストレスが大きく関係しているといわれています。
心房細動の注意すべき症状は動悸です。
心房細動による動悸は不規則な動悸です。



■心房細動と脳梗塞

心房細動が起こると心房がけいれんし血液をうまく送り出せなくなってしまいます。
すると血液が心房内にうっ帯し除々に固まり、血栓ができてしまうことがあります。
この血栓が心臓から剥がれて血管を伝わって脳へ行き、そこで詰まってしまうと脳梗塞を発症してしまいます。
さらに心房内で出来る血栓は、通常よりも巨大化してしまうのが特徴です。
心房細動のを早期発見できれば、脳梗塞を予防する対処ができます。

■不規則な動悸

加齢とともに多くの人が感じる動悸の中には、危険な病気が隠れていることもあります。

●頻脈(速い動悸)
ふらつき、めまい、胸の苦しさなどの症状がなければ問題ありません。

●除脈(遅い動悸)
ふらつき、めまい、胸の苦しさなどの症状がなければ問題ありません。

●脈が飛ぶ
ふらつき、めまい、胸の苦しさなどの症状がなければ問題ありません。

■心臓病の名医(2014年4月時点)

兵庫医科大学 循環器内科 主任教授
増山 理(ますやま とおる)先生

命に関わる心筋梗塞、不整脈、高血圧など心臓や血管に関する幅広い知識で診察してくれます。

■心筋梗塞!胸焼けや冷や汗は心筋梗塞の前兆、のんびり性格は心筋梗塞リスクが低い

■心不全(しんふぜん)!心不全の症状や治療法を紹介!心臓の痛み病気対策

■狭心症対策!不安定狭心症、カテーテル治療、バイパス手術

■異型狭心症(いけいきょうしんしょう)!更年期障害

■心筋梗塞の予防!気温差の影響、体幹部の保温が大切