外反母趾の予防のためには、足に合わせて靴を選ぶことが大切になります。
早目に足の専門医のいる整形外科を受診することも大切になります。




■外反母趾(がいはんぼし)について

外反母趾(がいはんぼし)とは、足の親指の付け根の部分が内側にせり出しながら、指の先端がとなりの指の方に向かって倒れてくる症状をいいます。
せり出した内側の部分が靴に当たって痛みが生じます。
外反母趾が重症化すると、足の親指がとなりの指の下に入り込んできてしまいます。
すると第二指が上の方に脱臼をし、靴の甲に当たって痛みが生じてきます。

また外反母趾になると足の親指に上手く力が入らなくなり、立ったり歩いたりした時に立ちづらい歩きづらいという機能の問題も起こってきます。
さらにそういうことをかばっていると、足首・膝・腰などの直接関係のないところまで痛みが起こってきたりします。

外反母趾は女性に圧倒的に多い病気ですが、男性でも女性の10分の1ぐらいが外反母趾を患っています。

■外反母趾の原因

・足の幅が広い
・扁平足(へんぺいそく)
・足の親指まわりの関節が柔らかい
・足の親指が長い
・足の靴が合わない
・先が細い靴
・ハイヒール

足の親指が長いと、先の細い靴などを履いた時に親指の内側や前側の部分に靴が当たり、押されて親指が横に倒れてきて外反母趾なってしまいます。

年齢が高くなってくると、足を支える機能に弛みが出てきます。

それによって足の形が崩れやすくなり、そこに靴の要素も加わると外反母趾になってきてしまいます。



■外反母趾の治療法

外反母趾の治療法としては、運動療法、装具療法、手術療法などがあります。
またどうして外反母趾が起きるのかというメカニズムを知ることも大切になります。

●外反母趾の手術療法
外反母趾が重症化した場合は、しっかりと形を整えるための手術が必要になります。
第一中足骨(ちゅうそくこつ)を正常な位置にするため、骨切り手術を行います。

●装具療法
外反母趾の装具療法では、靴の中に中敷を使って治療します。
外反母趾の人は、足の親指に上手く力が入らなくなり、となりの指の裏にタコなどができて痛みを引き起こします。
そこでタコの手前を中敷で持ち上げて負担を軽減します。

●シューストレッチャー
外反母趾で当たって痛い部分に当てて靴を外に広げ、痛みを和らげます。

■外反母趾予防のための靴選び

・靴の先端が四角く広がっている
・靴先端にやや隙間があり自由がきく
・ヒールの高さは5cm以内
・ひも靴で調節できるもの
・きつすぎず、緩すぎないサイズ
・柔らかめの素材のもの

外反母趾予防のためには、足に合わせて靴を選ぶことが基本となります。

■外反母趾を予防する足の運動

軽度から中等度の外反母趾であれば、以下の運動を行うことで変形した足の形が改善してきます。
ただし実際に形が変わらなくても、痛みの改善につながってきます。
外反母趾が進行した人の場合は、それ以上の外反母趾の進行の予防にもつながってきます。

●母趾外転筋運動(ぼしがいてんきんうんどう)で外反母趾を予防
足の指をギュッと握ってグーの形にします。
今度は開いてパーの形にします。
パーの状態を5秒間キープします。
これを20回繰り返し、1日2~3セット行います。

●外反母趾を予防する足の運動2
手の指で足の親指ととなりの指を持って広げます。
数秒感キープし、緩めます。
これを5分間繰り返し、1日2~3セット行います。
入浴の際に行うと外反母趾予防により効果的です。

■外反母趾の名医

慶応義塾大学病院 整形外科 診療副部長
須田 康文(すだ やすのり)先生