食道癌(しょくどうがん)のリスクには、飲酒量、アセトアルデヒドを分解できるかどうかの体質、食道の状態があります。
飲酒を控えることで食道癌のリスクを減らせます。
また食道癌のリスクがある場合は定期的な検査で食道癌を早期発見することが大切になります。




■食道癌(しょくどうがん)について

食道は口と胃をつなぐ臓器で、食べ物が通過するところになります。
食道癌(しょくどうがん)は食道の内腔の表面にできる癌です。
食道癌は転移しやすい癌でもあります。
そのため肺につながる皮下に浸潤したり、血液が通る大動脈に広がったりする予後の悪い癌です。
進行した場合の治療は、かなり身体に負担がかかる治療が必要になってきます。
食道癌は早期の場合には、ほとんど自覚症状がありません。
そのため早期に発見することが大切になります。

■食道癌の原因

・飲酒
・喫煙
・熱い食べ物を好む
・野菜や果物をあまり食べない

日本人の食道癌の90%が扁平上皮癌になります。

■食道癌とアセトアルデヒド

食道癌は、飲酒量、顔が赤くなる体質、食道のダメージなどが関係してきます。
飲酒で顔が赤くなるのは、アルコールの分解過程で作り出されるアセトアルデヒドが原因になります。
アセトアルデヒドは明らかに発癌物質といわれています。
顔が赤くなる人はアセトアルデヒドを分解する能力が低いために、体内に長時間アセトアルデヒドが蓄積すると食道癌になりやすいと考えられています。
アセトアルデヒドの分解能力が低いのに、顔が赤くならない人もいます。
そういう人ほどアルコールに強いと勘違いして飲酒量が増え、食道癌につながってしまうこともあります。

■アセトアルデヒドの分解酵素の検査

・パッチテスト
・遺伝子検査
・呼気スクリーニング検査
 微量のアルコールの飲んで1分後に呼気中のアセトアルデヒドを測定

■食道癌の早期発見検査

・ヨード染色内視鏡検査
・狭帯域光内視鏡検査(きょうたいいきこうないしきょうけんさ)

食道癌の早期発見のためには、定期的な内視鏡検査が大切になります。
口や鼻から内視鏡を食道に挿入し、食道粘膜そのものを観察することによって早期の食道癌を発見することができます。

■食道癌の治療法

食道癌の治療法としては、内視鏡治療、外科的治療、化学放射線療法などがあります。
早期の食道癌の場合は、食道表面を切除する内視鏡治療を行います。
少し進行すると食道そのものを切除する外科的手術を行います。
化学放射線療法では、抗癌剤と放射線治療を組み合わせて治療を行います。