胃食道逆流症(いしょくどうぎゃくりゅうしょう)では、胸焼けや呑酸(どんさん)が主な症状として現れます。
内視鏡検査などで炎症が見あたらなくても、検査で診断が付けば症状だけでも胃食道逆流症の治療を受けることができます。
胃食道逆流症は適切な治療を受ければ良くなる病気なので、胸焼けなどの症状がある場合は医療機関を受診することが大切になります。




■胃食道逆流症(いしょくどうぎゃくりゅうしょう)について

胃食道逆流症(いしょくどうぎゃくりゅうしょう)とは、胃酸や胃の中の内容物が食道に上がってくることによって引き起こされる疾患をいいます。

胃酸が食道に上がってくると、食道の粘膜がびらんを起こしたり炎症を起こしたりします。

胃食道逆流症には、逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)と非びらん性逆流症の2つのタイプがあります。

「逆流性食道炎」では、食道の内視鏡検査で炎症があることが分かります。
しかし「非びらん性逆流症」では、内視鏡検査でも炎症が見あたりませんが症状だけはある状態になります。

内視鏡検査で異常は見つけられませんが、胸焼け、胃の逆流感、酸っぱいものが上がってくる呑酸(どんさん)などの症状が週に1~2回あるような人の6割以上は非びらん性逆流症といわれています。

非びらん性逆流症の症状は、逆流性食道炎と変わらないほどの強い症状があらわれます。

■逆流性食道炎になりやすい人

・年齢、性別、体型が関係なく起こる
・肥満の人

■非びらん性逆流症になりやすい人

・若い
・女性
・痩せている

ストレスを溜め込むような人に非びらん性逆流症が多いといわれています。



■胃食道逆流症の原因

・下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)の緩み
・胃酸過多
・食道の知覚過敏 生活スタイルやストレスに関係があるといわれています

●下部食道括約筋の緩みが胃食道逆流症を引き起こす
下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)とは、食道と胃の境目にある筋肉で、胃に入った食べ物や胃酸が逆流しないように境目を締める役割をしています。
この下部食道括約筋が何らかの原因で緩みやすくなると逆流が生じてしまいます。
下部食道括約筋の緩みの原因は、食べ過ぎ、腹圧(肥満や妊婦)などがあります。
脂肪を摂ると体の中で下部食道括約筋を緩めるようなホルモンが分泌され緩みやすくなってしまいます。
お腹の圧力が強くなると下部食道括約筋が開きやすくなってしまいます。

●胃酸過多が胃食道逆流症を引き起こす
胃の中に胃酸が多いほど、緩んだときに上がってくる胃酸が多くなります。
胃酸は食べ物や体重と関係しています。
タンパク質やお肉を食べると胃酸の分泌を刺激するので、胃酸過多になりやすくなります。
体重が増えていくと胃酸が増えていくので、胃酸過多になりやすくなります。

●食道の知覚過敏が胃食道逆流症を引き起こす
食道の知覚過敏はストレスと関係しています。

■胃食道逆流症の症状

・胸焼け
・呑酸(どんさん)
・胃もたれ
・吐き気
・のどの不快感

■逆流性食道炎の治療

●薬物治療
・プロトンポンプ阻害薬
 胃酸の分泌を抑え、胃酸の量を下げます

・食生活の見直し
 食べ過ぎを止める、肉類を減らす、
 食べた後にすぐに横にならない、早食いを止める

■非びらん性逆流症の治療

●薬物治療
・プロトンポンプ阻害薬
・抗不安薬
・ストレスのコントロール

■胃食道逆流症(いしょくどうぎゃくりゅうしょう)!逆流性食道炎、非びらん性逆流症!

■胸焼け!食道アカラシア、逆流性食道炎、蠕動運動、噴門!

■コップ一杯の常温の水で胸やけ解消!胸やけ時にやってはいけない事