痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

高尿酸血症・痛風の治療!生活指導と薬物療法で尿酸値を下げる

  • HOME »
  • 高尿酸血症・痛風の治療!生活指導と薬物療法で尿酸値を下げる
高尿酸血症・痛風の治療としては、生活指導と薬物療法があります。
生活指導としては食事療法、飲酒制限、適度な運動が大切で肥満を改善することも大切です。
痛風発作時の痛みをとる薬と尿酸値を下げる薬は全く異なる薬のため医師の指示に従い適切に使用することが大切になります。




■高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)

血液中の尿酸値が7.0mg/dLを越えると高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)という状態で、痛風の発作が起こりやすくなります。
つまり痛風の予防には尿酸値を7.0mg/dL以下に抑えることが大切になります。
尿酸はプリン体から作られています。
プリン体は細胞の中に含まれていて、古くなった細胞が身体の新陳代謝で分解されると放出されます。
プリン体は肝臓で分解されて尿酸となります。
体の中には常に一定量の尿酸が蓄えられています。
通常は尿酸が作られる量と体外に排出される量のバランスが一定に保たれていますが、何らかの原因で尿酸が異常に作られたり、排出される量が減ってしまいバランスが崩れると、血液中の尿酸の量が増えてしまいます。
この尿酸が増えてしまった状態が高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)になります。

■痛風の痛み

尿酸は血液に溶けにくい物質で、増え過ぎると関節の中で溶け切れなくなってしまいます。
すると尿酸は結晶となって沈着してきます。
この結晶が長い年月をかけて溜まっていきます。
痛風の発作は、この尿酸の結晶が塊から剥がれ落ちたときに起こるといわれています。
剥がれ落ちた尿酸は外敵とみなされ、排除しようとして白血球が取り除こうとします。
そのため白血球から炎症性の物質が放出され、赤み、腫れ、激しい痛みなどを引き起こします。

■高尿酸血症・痛風の治療法

・生活指導
・薬物療法

まず尿酸値の高さに関係なく生活指導が行われます。
それでも尿酸値が高い状態であれば薬物療法も行います。
尿酸値が8.0mg/dL以上で、尿路結石、腎臓病、高血圧、心臓病の合併症があると薬物療法を行います。
また合併症がなくても9.0mg/dLを越えていると薬物療法を行います。
薬は少ない量から始めます。
薬を始めると痛風発作が起こりやすくなるので注意が必要です。

●生活指導(高尿酸血症・痛風の治療法)
・食事療法
・飲酒制限
・運動

肥満を合併している高尿酸血症だと、体重が減るだけで尿酸値が改善することもあります。
尿酸値が高い人は様々な病気の危険因子になるため、改善することで生活習慣病の予防にもつながります。

●薬物療法(高尿酸血症・痛風の治療法)
 尿酸出来にくくする薬
  ・アロプリノール
  ・フェブキソスタット
  ・トピロキソスタット

 尿酸を出しやすくする薬
  ・ベンズブロマロン
  ・プロベネンド

 痛みを取る薬
  ・非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)
  ・ステロイド

 発作の進行を抑える薬
  ・コルヒチン

痛風発作のときに痛みをとる薬と尿酸値を下げる薬は全く異なる薬です。
痛風発作中に尿酸値を下げる薬を使うと、痛風発作が悪化したり、長引いたりすることが多くあります。
そのため痛風発作時に尿酸値を下げる薬は使わない方がよいとされています。
痛風発作が治まって2週間以上経ってから尿酸値を下げる薬を使った方が良いとされています。
尿酸値が下がっても、薬を飲み続けて下がった尿酸値を維持していくことも高尿酸血症・痛風の治療に大切です。

■痛風の予防!プリン体や尿酸の増加・肥満・アルコールが痛風の原因、高尿酸血症

■高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)尿酸値を知り、生活習慣を改善することが大切



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.