大人のアレルギーには、ぜんそく、花粉症、食物、ダニ、薬によるアレルギー、寄生虫などによるアレルギーなどがあります。
花粉症の人は、ダニアレルギーの可能性があります。
ぜんそくによるアレルギーは重症化する危険性があります。
アレルギーの中でもショックなどが起こるアナフィラキシーは命に関わるような強い反応が出る危険性があります。




■大人のアレルギーについて

私達の身体には体内に入ってくる異物から身を守るための免疫機能があります。
免疫の働きで重要なのが抗体(こうたい)です。
抗体はウイルスなどの害のある異物を身体から追い出そうとしてくれます。
実はアレルギーを持つ人の体内には、害のないものにも反応して追い出そうとする抗体もいます。
しかし抗体が反応しても直ぐに大きな症状が現れるわけではないので、自分がアレルギーだと気付かずに花粉や食べ物を摂取していることもあります。
その間にも抗体の数は増えていき、ある時異物への反応が過剰になって表面化します。
身体の中に入ってくる物は、いずれもアレルギーの原因になる可能性があります。

■ブリックテストによるアレルギー検査

ブリックテストとは皮膚にアレルゲンエキスを置いて、その上から小さな傷をつけて反応をみるアレルギー検査です。

■口腔アレルギー症候群

アレルギーの原因となるアレルゲンの中には形が似ているものがあります。
中でも果物と花粉は似ているものの代表格で、そのため果物のアレルゲンが体内に入ってくると、花粉に反応するはずの抗体が勘違いしてアレルゲンをキャッチしたと症状を出すことがあります。
これは口の周りや喉の奥が腫れたりかゆくなったりする口腔アレルギー症候群といわれている症状です。
特に花粉と果物が関連して起こる場合が多いです。 花粉に反応する果物は様々です。

■ダニアレルギー

ダニは日本人に最も多くみられるアレルギーです。
くしゃみや鼻づまりなどの症状に悩んでいる花粉症の人は、ダニアレルギーが原因の可能性があります。



■ぜんそくによるアレルギー

ぜんそくは代表的なアレルギー症状の一つです。
抗体が異物を排除しようと気管を締めたり咳を出すようにと過剰に反応するために呼吸に症状が現れます。
ぜんそくによるアレルギーは重症化する危険性もあります。

■アナフィラキシーと食物アレルギー

食物アレルギーの場合は、口から食べて腸で吸収され、血液に乗って全身に行き渡るので全身反応が現れます。
食物アレルギーによる全身反応としてはジンマシンが多いです。
一番多いのはショックなどが起こるアナフィラキシーと呼ばれる命に関わるような強い反応が出ることがあります。
アニサキスはアナフィラキシーを起こす可能性がとても高いといわれています。
アニサキスは加熱してもアレルゲンが消えずに残っていることが多いです。
アナフィラキシーの経験者は専門医の指導に従い、自分で打つ治療補助注射薬の携帯が勧められています。

■重症化しやすいアレルゲン

・小麦
・ソバ
・ナッツ
・甲殻類
・ハチ毒
・薬物

■運動誘発アナフィラキシー

運動誘発アナフィラキシーとは、特定の食物を食べただけではアレルギーの症状は出ないものの、そこに運動などの条件が加わることで発作が起こるアレルギーです。
小麦や甲殻類で発症する場合が多く、重症化しやすいといわれています。

■花粉症によるアレルギーの治療法

●レーザー治療
薬だけでは症状が改善されない場合などに選択することができます。
鼻の奥の腫れた粘膜をレーザーで焼くことでアレルギーを起こす細胞を減らし症状を緩和します。

●フォトテラピー
鼻の粘膜に紫外線を多く含むライトを照射することで、アレルギーを悪化させる細胞を減らし花粉症の症状を緩和させます。

●舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)
舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)とは、アレルゲンを口から少しずつ取り入れ慣らしていく治療法です。
根治を目指すことが可能で、自宅で行うことができる治療法です。