突然起こる難聴は早く治療を行うことが重要。
早く治療を行わないと難聴が治る機会を逃してしまうことになります。
耳の異常を感じたら直ぐに耳鼻咽喉科を受診しましょう。突発性難聴や急性低音障害型感音難聴の場合は、様々なストレスや生活習慣が関係しています。
規則正しい生活、ストレスをためないような生活習慣を心掛けましょう。




■突然起こる難聴

・突発性難聴
・急性低音障害型感音難聴
・メニエール病
・外リンパろう
 圧力が急激に変動した時に聞こえが悪くなる。
 飛行機の急上昇・急下降、鼻をかんだ時など。

・急性音響性感音難聴
 大きな音を聞いた後に急に聞こえが悪くなる。

■音が聞こえるメカニズム

耳は外から外耳(がいじ)、中耳(ちゅうじ)、内耳(ないじ)の3つに分けられます。
外から入った音は鼓膜(こまく)に達して、ここで振動となって中耳に届き、蝸牛(かぎゅう)と呼ばれる渦巻きの管に伝わります。
蝸牛の部分には細かい毛の有毛細胞(ゆうもうさいぼう)という細胞があり、これが音の刺激を受けて脳へ電気信号を送ることで音が聞き取れるようになります。

■伝音難聴、感音難聴について

外耳(がいじ)・中耳(ちゅうじ)に異常が起こる難聴を伝音難聴といいます。
内耳(ないじ)に異常が起こる難聴を感音難聴といいます。

■突発性難聴(とっぱつせいなんちょう)について

突発性難聴(とっぱつせいなんちょう)のはっきりとした原因は分かっていませんが、血流障害、ウイルス感染、ストレスが関係していると考えられています。
突発性難聴の多くが片方の耳で起こり、また急に聞こえなくなるという特徴があります。

●血流障害で突発性難聴が起こる
突発性難聴は耳の狭心症、耳の心筋梗塞と呼ばれることもあり、内耳にある血管が何らかの原因で細くなったり、詰まったりして血流が悪くなることが発症原因として考えられています。

●ウイルス感染で突発性難聴が起こる
ある種のウイルスが内耳や蝸牛神経に感染して突発性難聴が発症すると考えられています。

●ストレスで突発性難聴が起こる
ストレスがあると耳の抹消循環が悪くなり血流障害が起こやすくなり、またストレスがあると免疫機能が低下してウイルス感染しやすくなることで突発性難聴が起こるやすくなります。



■急性低音障害型感音難聴について

急性低音障害型感音難聴の原因はよく分かっていませんが、20代~30代の女性に多く発症し、ストレスが大きく関係していると考えられています。
耳の中の有毛細胞のまわりにはリンパ液があり、このリンパ液の流れが悪くなると古いリンパ液が溜まってしまう状態になります。
するとリンパ液の圧力が上がることで低い音の伝わりが悪くなってしまいます。
急性低音障害型感音難聴は、めまいが起こらないのも特徴になっています。
めまいが起こる場合はメニエール病が疑われます。

■突然起こる難聴の治療法

・薬物療法
・発症したその日から数日以内に治療をする
・遅くとも1週間以内に治療を開始する

いったん有毛細胞が壊れてしまうと、再生したり治ることはありません。
そのため有毛細胞が壊れる前に治療を行うことが大切になります。
治療は薬物療法が中心になります。

●突発性難聴の治療
・血管拡張薬   :血流障害改善
・ステロイド   :炎症を抑える
・向神経ビタミン :有毛細胞を守る

だいたい2ヶ月くらいで回復が認められない場合は難聴が残ってしまう可能性が高くなります。

●急性低音障害型感音難聴の治療
・利尿薬   :リンパ液の溜まりをなくします
・ステロイド :炎症を抑える
・心理療法  :ストレスコントロールのカウンセリング

急性低音障害型感音難聴は比較的予後は良く、7~8割の人が治癒するといわれています。
中には発作を繰り返す人もいて、10%ぐらいの人はメニエール病に移行することもあります。

●急性低音障害型感音難聴の治療後の注意点
・ストレスをためない
・水分代謝をよくする
・水分摂取
・適度な運動
・ぬるめのお湯ゆっくり入って発汗を促す

■加齢性難聴について!補聴器選びのポイント、生活習慣病に気を付けて加齢性難聴を予防!

■耳管開放症(じかんかいほうしょう)!耳づまり病、耳垢、鼻すすり!

■めまいについて!突発性難聴・メニエール病・脳出血・脳梗塞によるめまい!耳・脳の痛み病気

■メニエール病について!メニエール病の前触れ、良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎!耳の痛み病気

■中耳炎について!症状、治療、耳の構造!