難聴とは耳が聞こえずらくなった状態をいいます。加齢によって有毛細胞が折れたり抜けたりすると音が上手く聞き取れなくなります。
一度壊れた有毛細胞は元に戻らないので補聴器を使用することになります。
加齢性難聴を予防法としては生活習慣病に注意し、騒音などを避け、時には耳を休ませることが大切になります。




■難聴について

耳が聞こえずらくなった状態を難聴と言いますが、難聴は原因により様々なタイプがあります。
加齢性難聴、突発性難聴、急性低音障害型感音難聴、中耳炎、メニエール病などがあります。
最も頻度の高い難聴は、加齢性難聴といわれています。

■加齢性難聴(かれいせいなんちょう)について

耳は外耳(がいじ)、中耳(ちゅうじ)、内耳(ないじ)から成っています。
内耳の中には蝸牛(かぎゅう)という部分があります。
蝸牛の中には音を感じる有毛細胞(ゆうもうさいぼう)という細胞があります。
有毛細胞の頭にはたくさんの毛が生えています。
この毛が音波によって揺れることによって音を感じることができます。
加齢によって毛が折れたり、抜けたりすると、有毛細胞が音を上手く聞き取れなくなってしまいます。
これが加齢性難聴(かれいせいなんちょう)です。
有毛細胞は再生することができないため、一度壊れてしまうと元には治りません。

■加齢性難聴は高い音が聞こえにくくなる

加齢性難聴は、まず両方の耳が同じように聞こえにくくなります。
特に蝸牛の根元の部分にある高い音を聞き取る細胞から壊れていくため、高い音が聞こえなくなっていく特徴があります。

■加齢性難聴の生活面での問題点

・外出先での危険
 自動車などの音に気付かない。

・脳の活動低下
 脳の中に音が入ってこないと、脳の活動が低下していきます。
 これにより認知機能が悪くなる危険性があります。

・うつ症状
 聞こえなくなることで会話をすることが嫌になり、
 会話をする機会も少なくなってうつ症状が起こる可能性が高くなります



■加齢性難聴の予防

・生活習慣病に気を付ける
・大音量の音や騒音を避ける
・耳を適度に休ませる

加齢性難聴は加齢によるものなので、完全に予防することは難しいとされています。
ただし難聴の進行を遅らせることは可能です。
加齢性難聴の予防のためには、血圧、血糖、コレステロールなど生活習慣をコントロールし、耳を酷使しないことが大切になります。
耳の中は細い血管によって成っているので、生活習慣病などによって血流の障害が起こると聞こえも悪くなっていきます。
また耳は物理的な音波を聞いているので、大きな音が入るとそれだけ傷みやすくなります。
そのためなるべく大音量の音や騒音という環境を避けることも大切になります。
ある程度音楽を聞いたら、耳を休ませることも大切です。

■加齢性難聴の治療

加齢性難聴の治療としては、壊れたり、悪くなった機能を補うことを行います。
聞こえが悪くなったら補聴器を使用することになります。

■補聴器を考えるタイミング

・テレビの音が大きいと注意される
・静かな場所では困らないが、騒がしい場所での聞き取りが困難になる
・女性の高い声が聞き取りにくくなる
・日常会話で疲れるようになる

■補聴器選びのポイント

耳鼻咽喉科で診断を受け、補聴器相談医に相談して選ぶようにします。
認定補聴器技能者がいる補聴器専門店で作るようにした方が良いです。

●最近の補聴器の機能
・耳鳴りを感じにくくする機能
・音楽やテレビの音を飛ばして受診する機能
・電話の音を聞き取りやすくする機能
・汗や水に強い防水機能

■補聴器は慣れるまでトレーニングが必要

補聴器は自分に合った物を選んでも、すぐに快適に聞こえるわけではありません。
補聴器の音に脳をトレーニングすることが大切になります。
認定補聴器技能者などに調整してもらいながら、2~3ヶ月は使ってトレーニングすることが必要になります。