外反母趾は足の親指の付け根が外側に飛び出し足の骨の先が内側を向いて変形する病気。
親指を外に引っ張る・ゆるい靴を履く・親指と人差し指の間にゴムを挟む・鼻緒の付いたサンダルや靴を履くことは外反母趾を悪化させます。
中敷きで足を持ち上げることで足の変形を予防できます。
空き缶の上に土踏まずを載せて空き缶を転がすように足を前後に動かすと外反母趾予防につながります。




■外反母趾(がいはんぼし)について

外反母趾(がいはんぼし)とは、足の親指の付け根が外側に飛び出し、第一中足骨の先が内側を向いて変形する病気です。
通常は強い痛みを伴います。
外反母趾を放置すると歩行困難に陥る危険もあります。
デザインを重視して足に負担がかかる靴を無理に履き続けると、外反母趾が悪化します。
最悪の場合、骨が皮膚を突き破ってしまう危険もあります。

■外反母趾の特徴

・足の指の変形
・足のタコ
・皮膚が固くなる

足の裏や側面にタコが出来るのも外反母趾の特徴です。
圧力が集中すると皮膚が反応して固くなります。

■外反母趾を放置すると

親指の付け根の骨が出っ張り、尖っていくことで神経を圧迫します。
これを放置すると指先の神経が切れてしまうこともあります。

■外反母趾で行ってはいけないこと

・親指を外に引っ張る
・ゆるい靴を履く
・親指と人差し指の間にゴムを挟む
・鼻緒の付いたサンダルや靴を履く

■中敷きで外反母趾予防

外反母趾は親指の病気ではなく、足の立体的な構造が潰れてくるのが原因です。
そのため中敷きで足を持ち上げることで、足の変形を予防することができます。
外反母趾の原因は、自分の足に合わない靴を履くことで、足本来のアーチ型が押し潰されてしまうことです。
その結果、足の親指が外に押し出されてしまいます。
中敷きで足裏を持ち上げ、崩れた足のアーチを正常な状態にキープし、足の親指の部分の痛みを軽減します。

■空き缶で外反母趾予防

空き缶の上に土踏まずを載せ、空き缶を転がすように足を前後に動かします。
片足ずつ1日5分行います。
こうすることで土踏まずが刺激され、失われていたアーチが復活します。
足の土踏まずで空き缶を転がすことによって、親指の筋肉の母指外転筋(ぼしがいてんきん)が働くようになります。

■外反母趾の名医(2013年12月時点)

高田馬場病院 整形外科医師
町田 英一(まちだ えいいち)先生