腰痛は骨や神経障害が原因の場合とストレスの影響もあります。
腰痛により動かないことで痛みの悪循環に陥ることが多いです。
痛み日記・運動療法・心理療法などで自分の動ける範囲を増やし、腰痛改善の好循環にもっていくことも大切です。
腰痛の治療法・対処法としては、薬物療法、運動療法、心理療法、温熱療法、装具療法、手術療法などがあります。




■腰痛(ようつう)について

体の痛みに悩む一番多い場所は腰痛です。
若い人から年寄りまで多くの人が腰痛に悩んでいます。
日本人の5人に1人、2800万人が腰痛で悩んでいます。
腰痛の原因は、腰の骨や神経が傷付くためなどです。
しかし最近では腰痛の原因のほとんどが骨や神経が傷付くだけではないことが分かってきています。

■腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは、椎間板の中のやわらかい部分が外に飛び出し周囲の神経を圧迫して腰痛を引き起こす病気です。

■椎間板性腰痛

通常は椎間板のまわりにも神経がありますが、痛んだ椎間板の所にまわりから神経が入り込んでしまい腰痛が起こります。
椎間板の中に伸びて来た神経に圧力がかかって痛みます。

■腰痛の治療法・対処法

・薬物療法
・運動療法
・心理療法
・温熱療法
・装具療法
・手術療法

脚のしびれや尿失禁など、生活に支障がある場合は手術を検討します。
ただし手術することで骨を削ったり、筋肉も少し剥いだりするので、腰の痛みはそう大きく変わらないことも多くあります。
腰の周りの筋肉や関節がきちんと動くことが重要になります。

■長時間の同じ姿勢は腰痛の原因になる

腰の骨は、横から見ると緩やかにS字状のカーブをしています。
このS字が保たれることで上半身の動きを支えています。
しかしソファーなどに沈み込むように座っていると、S字カーブが崩れてしまいます。
その結果、腰の椎骨や椎間板により負担がかかってしまいます。
立つ姿勢と比べると、座っているときの椎間板にかかる圧力は40%も増加してしまいます。
ソファーに長時間座り続けると、腰の筋肉は大きな負担がかかり腰痛が悪化してしまいます。
同じ姿勢でいると同じところの筋肉しか使わないので、使う筋肉が偏ってしまいます。
一部の筋肉だけ使わないように動くようにしましょう。



■痛みの悪循環

腰痛があると動かなくなります。
動かないと運動不足になります。
運動不足になると筋力が低下します。
筋力が低下すると腰痛が悪化します。
つまり腰痛の悪循環起きやすくなります。
痛みの悪循環に陥る人が多くなっています。

■運動療法で腰痛改善

動く習慣がある人の方が痛みが少ないそうです。
運動すると筋力が除々についてきます。
すると痛みが和らいできて、動けるようになります。 つまり運動することで痛みの悪循環を断ち切って、好循環が起こってきます。
痛くても体を動かし、少しでも動ける範囲を増やしていくことがポイントです。
ただし無理は禁物です。

■ストレスと腰痛

痛みは最終的には頭で経験するものです。
不安やうつなどが起こってくると、腰の痛みが増強されてしまうこともあります。
うつ病の症状で腰痛というのは非常に多くあります。
頭と体は連動して動いています。
慢性腰痛の8割程度は、心理的ストレスが関係していると考えられています。

■痛み日記・心理療法で腰痛改善

痛み日記を付けることで腰痛を客観的に見つめることができるようになります。
痛みの強さ自体は変わっていませんが、痛み日記で腰痛の原因を本人が理解し、それに対して前向きに対処できるようになっていきます。
痛み日記で自分の状態がよく分かるようになり、痛みと上手に付き合えるようになっていきます。

■運動療法と心理療法で腰痛改善

3ヶ月以上も腰痛が続く人は、運動療法と心理療法で腰痛が改善することが多くなっています。
腰痛は、記憶の問題、体と心の問題などから来ているものもあります。
完全に腰痛がなくなることは難しいですが、自分の活動範囲を広げていき、痛みがあっても好きなことができる、生活を取り戻すことが大切になります。

■腰痛改善!神経根性腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、原因、治療、予防法!

■腰痛改善法!運動やストレッチで腰痛改善、腰痛治療器のプロテック3!

■腰椎椎間板ヘルニア!ストレスによる心理的な影響、症状、原因、治療法!

■急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)!ぎっくり腰、治療法、予防法!