逆流性食道炎は胃酸が逆流して食道粘膜が炎症を起こし、胸やけなどの症状を引き起こす病気。
加齢により胃酸が逆流しやすくなって逆流性食道炎が起こる場合、便秘により腹圧が上昇して胃酸が逆流しやすくなって逆流性食道炎が起こる場合があります。
裂肛は下痢や便秘などによって肛門が傷付く切れ痔のこと。
潰瘍性大腸炎は、大腸の壁に炎症が起こり広がる病気です。




■逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)について

逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)とは、何らかの原因で胃と食道の間で弁の役割を果たしている噴門(ふんもん)が開きやすくなり、胃から食道へ胃酸が逆流して食道粘膜が炎症を起こし、胸やけなどの不快な症状を引き起こす病気です。
逆流性食道炎は暴飲暴食、肥満などが大きな悪化要因といわれています。
逆流性食道炎は、ほとんどの場合が軽症のケースが多いです。
逆流性食道炎が進行すると、出血、食道が狭くなる、食道癌などのリスクが増加します。
逆流性食道炎の治療では、胃酸の分泌を抑える薬を使います。
胃酸を抑える薬を飲めば、ほとんどの場合は症状が良くなります。

■加齢による逆流性食道炎

加齢によって筋肉の量が低下すると、胃と食道の間を開け閉めする筋力も低下してしまい、胃酸が逆流しやすくなってしまいます。

■便秘による逆流性食道炎

胃や腸などのお腹の臓器は、上を横隔膜(おうかくまく)、下を骨盤低筋(こつばんていきん)、その周りが腹筋で密封されています。
これを腹圧といいます。 しかし便秘になると余分な便が場所を取るため、その分腹圧が上昇して胃が圧迫され、胃酸の逆流が起こりやすくなると考えられています。
なかなか症状が改善しない逆流性食道炎の患者の約半数が便秘を抱えているとされています。

■逆流性食道炎の悪化要因

●食べてすぐに横になる
噴門の機能が低下している人が食べてすぐ横になると、胃の中に食物が溜まった状態になり胃酸が逆流しやすくなります。
また一度進逆流した胃酸が戻りづらくなり、炎症が悪化しやすくなります。
食べた後1~2時間は空けてから寝るようにしましょう。
ちなみに左側を下にすると逆流が起こりにくくなるそうです。

●食べ過ぎ
一度に多くの食事を摂ると胃の内圧が上がり、胃液も多く出ます。
そのため逆流も多くなります。

●内臓脂肪型肥満
肥満の中でも逆流性食道炎の原因となるのが内臓脂肪型肥満です。
お腹の中には膜につつまれたスペースがあり、用量が一定になっているため、膜の内側にある臓器の周りに内臓脂肪が多く付くと、便秘と同じように胃に圧力がかかり、胃酸が逆流しやすくなってしまいます。



■メタボリックシンドロームと逆流性食道炎

メタボリックシンドロームと診断される人の多くは、内臓脂肪型の肥満といわれます。

週に2~3回以上、胸やけを感じる人は病院で検査を受けましょう。

■裂肛(れっこう)、切れ痔について

裂肛(れっこう)とは、下痢や便秘などによって肛門の内側が傷付く「切れ痔」のことをいいます。 裂肛(れっこう)・切れ痔の患者数が増加している背景には、ストレスや食生活の乱れが考えられます。

裂肛(れっこう)は切れ痔の部分に細菌が感染し、お尻の中に穴を作りながら激しい炎症を起こす痔瘻(じろう)という病気になる危険もあります。

異常を感じたら早めに消化器内科、肛門科を受診しましょう。

■潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)について

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)は、大腸の壁の部分に突如炎症が起こり広がってしまう、原因不明の病気です。
最悪の場合は治療も追いつかず、大腸の全摘出を行わなければならないこともあります。
近年では、早期発見できれば進行をコントロールすることができるようになってきています。
下痢をすることが増えたり、便に血が混じることがあるときには早目に専門医を受診しましょう。

■消化器内科の名医(2013年時点)

国立国際医療研究センター 消化器内科 医長
秋山純一(あきやまじゅんいち)先生

■胃食道逆流症!逆流性食道炎、非びらん性逆流症!