機能性ディスペプシアは胃の動きが悪くなり消化不良、胃もたれなどの症状を感じやすくなる病気です。
機能性ディスペプシアはストレスや生活習慣が関係しています。




■機能性ディスペプシアについて

機能性ディスペプシアとは、胃の動きが悪くなって消化不良を起こしたり、知覚過敏により症状を感じやすくなる病気です。
胃に傷がついている訳ではないので、胃カメラに異常が写りません。
正常な胃は、食べ物が入ってくると消化を行い、十二指腸へと送り出します。
しかし過度にストレスを受けると、分泌されるホルモンの影響で胃の動きが鈍くなり、食べ物を少しずつしか腸へ送ることができなくなります。
機能性ディスペプシアの症状の感じやすさは、ストレスや生活習慣が関係しているといわれています。

■機能性ディスペプシアの症状

・少し食事で満腹感を感じる
・常に胃がもたれる
・集中力が続かない
・常にイライラする
・不眠

機能性ディスペプシアの症状は様々で、少し食べただけで満腹感を感じたり、常に胃がもたれる、激しい痛みを伴うこともあります。
その結果、集中力が続かなかったり、常にイライラする、不眠に悩まされるなど、日常生活に支障をきたすこともあります。

■機能性ディスペプシアと胃癌

機能性ディスペプシアで最も恐ろしいのが胃癌です。
たまたま胃癌が発生した場合でも自分に元々ある症状だと思い込み、悪化してから病院へ行って初めて胃癌だと診断されることもあります。
いつもの症状だと思って放っておくと、胃癌の兆候を見逃す危険もあります。

■機能性ディスペプシアのチェック

・よく胃が痛くなる
・少し食べただけで満腹感を感じる
・空腹なのにお腹が張っている感じがする
・みぞおちに焼けるような痛みがある

1つ以上当てはまり、3ヶ月以上症状が続いている場合は機能性ディスペプシアの可能性があります。

■機能性ディスペプシア!胃酸過多、知覚過敏、ストレス、生活習慣の改善!

■胃食道逆流症!逆流性食道炎、非びらん性逆流症!

■機能性ディスペプシア!ストレスの胃への影響、胃潰瘍、胃炎