■カビについて

カビは20度から30度の温度で、湿度60%以上の高温多湿の場所で発生しやすくなります。
風呂場や台所などの水回りが発生しやすくといわれています。
カビにとっての栄養源は、ちょっとした人の手垢や汚れでも十分な栄誉分になります。
皮膚に付いた垢や汚れがカビの栄養素になってしまいます。
部屋の中では、1m3の空間中に100~1000個のカビの胞子が舞っているといわれています。
人の呼吸量を考えると、人は1万個位のカビを1日に吸い込んでいると考えられています。
免疫が低下している患者さんには、肺からカビが入ってそこに生えてしまうこともあるといわれています。

■マラセチア毛包炎(マラセチアもうほうえん)のカビによる病気

マラセチア毛包炎(マラセチアもうほうえん)とは、マラセチア菌が毛穴に入り炎症を起こす病気です。
汗疹やニキビと勘違いしやすい病気です。

■癜風(でんぷう)のカビによる病気

癜風(でんぷう)とは、シミのような茶色いものが広範囲に広がる病気です。

■スポロトリクス症のカビによる病気

スポロトリクス症とは、スポロトリクス・シェンキイというカビの一種が引き起こす皮膚の感染症です。
片方の足や腕が異様に膨らみ、赤く腫れ上がって潰瘍を起こす病気です。

■アスペルギルスのカビによる病気

アスペルギルスとは、呼吸することでカビの胞子が体内に侵入して肺にカビが生える病気です。
発熱、咳、血痰などをともないます。

■過敏性肺炎のカビによる病気

過敏性肺炎とは、カビなどを反復して吸入することで起こるアレルギー性肺炎のことをいいます。
浴室や台所など湿気の多い場所は要注意で、専業主婦に発症例が多いといわれています。
咳や発熱などの症状があり、進行すると呼吸困難になることもあります。