狭心症の原因は動脈硬化です。動脈硬化を防ぐために有酸素運動や生活習慣病を改善することが大切です。
有酸素運動でNO・一酸化窒素を増やすと狭心症だけでなく冠攣縮性狭心症や動脈硬化の予防にもなります。




■狭心症(きょうしんしょう)について

血管壁にコレステロールや脂が溜まると、コブ状の塊が作られて血管を細くし、心筋(しんきん)に十分な血液を供給できなくなります。
この状態を狭心症(きょうしんしょう)といいます。
心臓を養っている冠動脈(かんどうみゃく)に動脈硬化が起こると、血液が流れる部分が狭くなってしまいます。
そのため血液の供給不足が起こって胸が苦しくなります。

■心筋梗塞(しんきんこうそく)について

高コレステロール、高血糖、喫煙などが原因となって脂のコブが大きくなり、血液の流れるスペースが狭くなってしまいます。
そしてこの脂のコブが傷付き生まれるのが血栓(けっせん)です。
血栓が血管を完全に塞ぎ血流が滞ると、心臓の組織が死んでしまいます。
この状態が心筋梗塞(しんきんこうそく)です。

■狭心症と心筋梗塞の発作

狭心症と心筋梗塞は発作も似ています。
狭心症と心筋梗塞は胸の痛みという共通点があります。
狭心症は発作の長さは数分から15分ほどで、安静にしていると自然と治ります。
心筋梗塞は発作の長さは30分以上で、激しい痛みが続き、呼吸困難や失神することもあります。

■狭心症のシグナル

・左肩のひどいコリ
・左胸の締めつけ
・歯茎や奥歯の不快感
・胸やけや吐き気
・恋をしたような胸のざわつき

このような症状が慢性的ではなく、発作的に起こったら狭心症の可能性があります。
狭心症のシグナルは強い胸の痛みだけではありません。
心臓とは無関係だと思える場所に狭心症のシグナルが現れることもあります。
胸の痛みだけではなく様々な症状が動いた時に出て、安静にしていると治ってしまうのが狭心症の特徴です。

■冠攣縮性狭心症(かんれんしゅくせいきょうしんしょう)について

通常の狭心症が、冠動脈にできたコブによって血流が悪くなることで起こるのに対し、冠攣縮性狭心症(かんれんしゅくせいきょうしんしょう)は けいれんによって血管が一時的に狭くなって狭心症が起こります。
通常の狭心症は、動いた時に狭心症の発作が起こります。
冠攣縮性狭心症は、夜中から明け方にかけての就寝中や安静時に狭心症の発作が起こるのが特徴です。
そのため狭心症とは気付かれにくいことから、隠れ狭心症とも呼ばれています。
ただの胸やけかと思っていたら狭心症という可能性もあります。



■NO(一酸化窒素)と血管内皮

NOとは一酸化窒素のことで窒素の仲間です。
私達の身体の中、特に血管の中ではNO(一酸化窒素)が作られ大切な働きをしています。
血管には血液と直接触れ合っている血管内皮(けっかんないひ)と呼ばれる細胞の層があります。
NO(一酸化窒素)は血管内皮から分泌されています。
血管内皮から分泌されるNO(一酸化窒素)には、血管を押し広げ、血流を良くする働きがあります。
しかし動脈硬化により血管内皮の機能が低下するとNO(一酸化窒素)の分泌も低下し、血管が広げられなくなったり、筋肉が異常な刺激を受けたりして血管がかいれんし収縮しやすくなります。
これが冠攣縮性狭心症の原因になります。

■NO(一酸化窒素)分泌を低下させる要因

・喫煙
・疲労
・睡眠不足

様々なストレスは血管内皮の機能を弱らせ、NO(一酸化窒素)の分泌を低下させてしまいます。

■有酸素運動で狭心症の予防

NO(一酸化窒素)は血管内皮に血液が流れる刺激がスイッチとなり生まれています。
有酸素運動をすることで血流が良くなり、血管内皮に血液が多く触れることでNO(一酸化窒素)がたくさん分泌されます。
その結果、血管内皮の機能が正常化し、さらにNO(一酸化窒素)を作れるようになるという好循環が生まれます。
適度な有酸素運動でNO(一酸化窒素)を増やして狭心症を予防しましょう。
NO(一酸化窒素)は動脈硬化の進行を抑えて血管のけいれんを防ぐ働きをしてくれます。
NO(一酸化窒素)の動脈硬化の予防によって、一般の動脈硬化による狭心症だけではなく、冠攣縮性狭心症も予防することにつながります。

■その場ジョギングで狭心症の予防

その場ジョギングとは、その場でジョギングをすることです。
鼻歌が歌える程度の強度で、常にNO(一酸化窒素)を出し続けることが大切です。
空いた時間にこまめに行い、1日トータル30分以上行うように心掛けましょう。
その場ジョギングは家の中でも手軽に出来る有酸素運動です。

■狭心症の治療法

●カテーテル治療
血管にできた動脈硬化のコブをバルーンで広げ、ステントを入れ血流を確保します。

●バイパス手術
患者さんの血管を使い、新しい血流の道を作る手術です。

●衝撃波治療(しょうげきはちりょう)
衝撃波とは音速を超えるときに出る破壊力のある波をいいます。
衝撃波は腎臓などにできた尿路結石の治療にも使われています。
血管内皮に衝撃波が当たるとNO(一酸化窒素)や血管増殖物質が分泌され、血管が拡張したり毛細血管が増えたりして、血液の循環が改善していきます。
衝撃波を当てると、その振動でNO(一酸化窒素)や血管を新しく作る物質が多く分泌されます。
NO(一酸化窒素)は血管を広げて血流を促し、さらに毛細血管を増やす手助けをしてくれます。
衝撃波治療では、心臓のエコーを見ながら血流の足りない場所を狙って衝撃波を当て治療します。
1ヶ所につき200回、これを45ヶ所に当てます。
麻酔の必要もなく、副作用や合併症もないので何度でも行えるのが衝撃波治療の特徴です。
衝撃波治療は2013年11月時点では石川県立中央病院と東北大学で受けることができます。

■狭心症の名医(2013年11時点)

池谷医院 院長 医学博士
池谷敏郎 先生

■心不全(しんふぜん)について!心不全の症状や治療法を紹介!心臓の痛み病気対策

■狭心症(きょうしんしょう)対策!不安定狭心症、カテーテル治療、バイパス手術

■動悸の予防!心室頻拍、心房細動、狭心症、肺機能改善ストレッチ法!