手のしびれは首から手にかけてどこかに障害がある場合が多いです。
特に親指から薬指にかけてしびれた場合は手根管症候群が疑われます。
手根管症候群は初期にきちんとした治療を行えば必ず治療ができる病気です。
我慢せず整形外科や神経内科を受診し診断を受けましょう。




■手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)は手のしびれを起こす原因としても最も多い病気です。

■手根管(しゅこんかん)について

手の親指から薬指までの感覚や運動に関わる神経は正中神経(せいちゅうしんけい)といい、腕から腕先まで伝わっています。
手首のところには、手根管(しゅこんかん)というじん帯などに囲まれたトンネルのような物の中を神経が通っています。
手根管は骨やじん帯に囲まれていて、中を正中神経(せいちゅうしんけい)や腱が通っています。
この正中神経(せいちゅうしんけい)が何らかの原因で手根管の中で圧迫を受けると、親指から薬指にかけてしびれたり、さわった感じがわからない、痛みを感じないなど、感覚が鈍くなるのが手根管症候群になります。

■手根管症候群の原因

・首の骨の変形による神経の圧迫
・ヒジや手の神経の圧迫
・糖尿病による神経障害

■手根管症候群の症状

・親指から薬指にかけてのしびれ
・服などのボタンがかけづらい
・小さな物がつまみづらい
・明け方に指がしびれたり痛くなる
・しびれが強くなったときに手を振ると楽になる

手根管症候群が悪化すると親指から中指までの感覚がまったくなくなることがあります。
さらに親指の付け根の部分が痩せてきて、つまみ動作などが困難になってきます。
適切な治療を受ければ回復は可能です。



■手根管症候群になりやすい人

●手首の骨折
変形して手根管が狭くなると正中神経が圧迫を受ける場合があります。

●透析を受けている人

●更年期以降の女性
更年期以降の女性は、ホルモンのバランスが崩れて手足が多少むくみやすい傾向があります。
それによって手根管のまわりもむくむため、正中神経が圧迫されて手根管症候群になりやすい傾向があります。

■手根管症候群のチェック法

両手首を下に曲げ、手の甲を合わせます。
その状態でしばらく待ちます。

手首を曲げることによって、手根管の正中神経の圧迫が強くなります。
正常な人は多少圧迫が強くなってもしびれなどの症状が出ませんが、手根管症候群の人は圧迫されるとしびれが強くなります。

■手根管症候群の治療法

●薬物療法
・消炎鎮痛薬の湿布
・神経の流れを良くするビタミン12
・ステロイド薬(局所麻酔入りの注射)

●装具療法
夜間装具をはめることにより、しびれや痛みに対応します。

●手術療法
手根管部分を切ってひろげる手術を行います。
切ることによって正中神経への圧迫を取ることができます。
じん帯は切っても再生するので大丈夫だそうです。

■手根管症候群の手術後

しびれや筋肉の痩せは時とともに回復してきます。
再発のおそれはほとんどありません。
手術後3ヶ月から6ヶ月ほどは、手のひらに痛みを感じることがあります。
ただし手根管症候群に長期間かかっていた場合は、元に戻らないこともあります。

■手根管症候群の名医

聖隷浜松病院 手外科・マイクロサージャリーセンター長
大井宏之(おおいひろゆき)先生