指や手の痛み、こわばりなどの腱鞘炎の症状があらわれて心配な時は、整形外科などを受診して正しい診断と治療を受けるようにしましょう。
腱鞘炎は治らない病気ではないので、放置しないことが大切です。




■腱鞘炎(けんしょうえん)について

腱鞘炎(けんしょうえん)は指の付け根が痛んだり、指を動かす時に違和感を感じたり、指の曲げ伸ばしの際に痛みを伴ってひっかかったりする病気です。
そのため指を使うほど悪化しやすい傾向があります。
腱鞘炎(けんしょうえん)の症状がひどく、かなり日常生活に困る場合は、整形外科などの医療機関を受診し治療を受けることが大切です。

■指の腱鞘(けんしょう)について

腱鞘(けんしょう)は、指の骨の内側に腱(けん)というヒモのようなものがついていて、これが腕の筋肉に引っ張られることで指の曲げ伸ばしをすることができます。
この腱が骨から浮き上がるのを防ぐためについているのが腱鞘になります。
腱鞘はそれぞれの指に複数付いています。

■腱鞘炎の原因

指の曲げ伸ばしをしていると、腱鞘の付け根部分で腱と腱鞘がこすれあって炎症を起こしてきます。

■腱鞘炎の主な症状

・指の付け根が痛む
・指を動かすと違和感を感じる
・進行すると指を曲げたり伸ばしたりする度に痛みを伴う
 指がばねのように跳ねてしまう

■ばね指について

腱鞘炎が悪化すると腱が膨らみ、曲げ伸ばしの際に腱が腱鞘の中を行き来します。
これにより指が跳ね上がるので、ばね指と呼ばれます。
ばね指は特に親指と中指、薬指がなりやすいとされています。

■手首の腱鞘

手首の腱鞘は、手首の親指側に付いています。
この中を通る手首の腱によって親指を伸ばしたりひろげたりすることができます。
親指や手首を動かす動作によって腱鞘炎が起きてきます。



■ドケルバン病について

手首の腱鞘で起きる腱鞘炎をドケルバン病といいます。
ドケルバン病は、ばね指のように指がはね上がることはありません。
手首の腱鞘は、手首の親指側にあります。
筋が2本見え、その下側の筋あたりに手首の腱鞘があります。
ここを押した時に痛みを感じたりしたときはドケルバン病の疑いがあります。
また親指を内側に曲げて拳をつくり、小指側に拳を曲げた時に痛みが強くなるようであればドケルバン病の疑いがあります。

■ばね指やドケルバン病になりやすい要因

●手をよく使う人
●更年期、妊娠・出産期の女性

ホルモンバランスの乱れだしたりして手足がむくみやすい状態になるためと考えられています。

●糖尿病
抹消の循環が悪くなったり、一度腱鞘炎が起こってしまうとなかなか治りにくいことが原因と考えられています。

■腱鞘炎、ばね指、ドケルバン病の治療方法

・薬物療法
 消炎鎮痛薬、ステロイド薬

・手術療法
 腱鞘炎の治療は、基本的には薬での治療になります。

軽度のばね指の場合は、湿布や塗り薬による消炎鎮痛薬を使います
それいじょうにひどい場合は、ステロイド薬で炎症を抑える作用の入った薬を入れた局所麻酔入りの注射を腱鞘の中に注射します。
長期間ばね指が続くと指の関節がかたくなり、曲げようとしたときに十分曲がらなくなったり、伸ばそうとしても十分に伸ばせないということが出てきます。
そのため関節のかたさを取るために装具が必要になることがあります。

●手術療法を行う場合
・薬物療法が効かない場合
・注射をしても腱鞘炎を繰り返してしまう場合
・糖尿病の患者さんで注射をするとバイ菌が入ってしまう危険性がある場合
・患者さんが手術を希望する場合

腱鞘炎の手術は、基本的には炎症を起こしている部分の腱鞘を開く手術を行います。
腱鞘は指全体にあるので、一部を切っても指の支障は出ないそうです。
ドケルバン病でも炎症を起こしている腱鞘を開く手術を行います。

■腱鞘炎の名医

聖隷浜松病院 手外科・マイクロサージャリーセンター長
大井宏之(おおいひろゆき)先生