加齢黄斑変性は網膜の黄斑が障害されてぼやけて見えたり視力低下が起こる病気です。
萎縮型の加齢黄斑変性は、網膜色素上皮細胞が萎縮して脱落し視力低下が起こります。
滲出型の加齢黄斑変性は新生血管により網膜の黄斑が障害されの視機能が低下します。
加齢黄斑変性の治療法には抗血管新生療法と光線力学療法があります。




■網膜(もうまく)について

網膜(もうまく)は外から入って来た光を脳に伝達する組織で、カメラで言うフィルムの役割をしています。
網膜は光を受けて電気信号に変える視細胞があります。
その外側に視細胞を支える網膜色素上皮細胞(もうまくしきそじょうひさいぼう)という細胞が一列に並んでいます。
さらに血管に豊富な脈絡膜血管(みゃくらくまくけっかん)がそれを栄養しています。

■加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)

黄斑(おうはん)は網膜(もうまく)の中心にあって、物を見る細胞が集中しています。
この黄斑(おうはん)が障害されると、周辺の網膜に異常がなくても視力が低下してしまいます。
また脂肪の多い食生活が原因でも加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)が増加しているとされています。
加齢黄斑変性は高齢になるほど多く見られます。
加齢黄斑変性は両目に現れることは少なく、片目に生じることが多いです。
片目で異常が起こっても、もう片方の目が正常だと両目で物を見ていても気付きにくいことが多いです。
そのため加齢黄斑変性のチェックを行い、見え方を確認して早めに気付くことが大切です。

■加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)の症状

・線が歪む
・真ん中だけが見えにくい、中心がぼやけて見える
・目を動かしても見えにくい部分がついてくる

加齢黄斑変性は視力が低下が除々に進行し、悪化してから受診しても視力の改善は得られず、さらに悪化してしまうことがあります。
加齢黄斑変性は早期に発見して治療すれば改善も可能なので、定期的にセルフチェックなどをして、少しでも違和感があった場合は眼科を受診することが大切です。



■萎縮型(いしゅくがた)の加齢黄斑変性

萎縮型の加齢黄斑変性は、網膜色素上皮細胞(もうまくしきそじょうひさいぼう)が萎縮して脱落し、網膜色素上皮細胞(もうまくしきそじょうひさいぼう)が変性して脱落してしまいます。
そのために視力が除々に低下していきます。
萎縮型の加齢黄斑変性は、治療が大変難しいとされています。

■滲出型(しんしゅつがた)の加齢黄斑変性

加齢黄斑変性の多くが滲出型(しんしゅつがた)になります。
滲出型(しんしゅつがた)の加齢黄斑変性は進行が比較的早いですが、早期に発見して治療すれば進行を止めたり、改善することができます。
新陳代謝が悪くなると網膜色素上皮細胞(もうまくしきそじょうひさいぼう)の下に老廃物が溜まります。
するとそれに反応して異常な血管である新生血管(しんせいけっかん)というものが生えてきます。
新生血管が伸びて網膜色素上皮細胞の上にまで達してしまうと出血を起こし、急激に網膜の黄斑(おうはん)の視機能が低下してしまいます。

■加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)の危険因子

●喫煙
喫煙は体内の酸化反応が強くなり、体が好ましくない状態になってしまいます。
喫煙は酸化ストレスを増やし加齢黄斑変性の背景にある炎症を引き起こしてしまいます。

●肥満
肥満の人は統計的に加齢黄斑変性の発症が高いことが分かっています。

●日光
太陽光の中の青い光が網膜にあたると、網膜に有害物質が溜まりやすくなります。

■加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)の治療法

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)の治療法としては、抗血管新生療法(こうけっかんしんせいりょうほう)と光線力学療法(こうせんりきがくりょうほう)があります。
抗血管新生療法はどのタイプの加齢黄斑変性にも有効です。
抗血管新生療法では重大な副作用はありません。
光線力学療法も重い副作用はありませんが、皮膚の弱い人では治療後48時間以内に強い光を浴びると、火傷のような皮膚炎を起こしやすいことがあります。

●抗血管新生療法(こうけっかんしんせいりょうほう)
新生血管を成長させる物質の働きを抑える抗VEGF薬を使い新生血管を減らします。 眼球に抗VEGF薬を直接注射します。

●光線力学療法(こうせんりきがくりょうほう)
光線力学療法(こうせんりきがくりょうほう)とは、レーザーを使って新生血管を閉じる治療法です。
光があたると化学反応を起こす薬剤を、腕の静脈に注射して弱いレーザー光線をあてそれをたいしょさせます。
光線力学療法は新生血管の場所や形状で、有効なものとそうでないものがあります。