X線画像で異常がない腰痛は運動やストレッチで腰痛改善できます。
腰痛治療器のプロテック3は腰を伸ばしながら様々な運動療法が出来て腰痛改善に高い効果が得られます。
腰痛の解消には腰回りのストレッチが有効で、緊張した筋肉がほぐれて血流がアップし、関節の可動域も広がり腰への負担が軽減されます。




■腰痛の種類

大きく分けると腰痛には腰の画像で見た時に異常がある腰痛と、画像で見ても異常が見あたらない腰痛があります。
原因が特定できない腰痛は、腰痛全体の85%も占めています。
つまり腰痛患者のほとんどが病気ではない恐くない腰痛と言えます。
X線画像でも骨や神経に異常が見られません。
恐くない腰痛はあまり不安を覚える必要はありませんが、明らかに原因がある腰痛の場合は注意が必要です。
病気の腰痛の代表的なものには腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症があります。
他にも腫瘍、感染症、骨折などによって起きる腰痛も恐い腰痛になります。
こういった腰痛は放っておいては危険です。
きちんとした治療が必要になります。

■腰痛の原因

 ・腰の運動不足
 ・腰のケア不足

筋肉や関節の柔軟性がなくなっているので、体を動かすと腰の痛みやだるさを引き起こします。

■運動やストレッチで腰痛改善

恐くない腰痛は治療というよりも、運動療法やストレッチのやり方を習って経過を診ていきます。
効果的な腰痛改善法は、腰回りのお手入れ運動やストレッチをするだけでほとんど完治してしまうそうです。

■腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは、脊椎と脊椎の間の椎間板が飛び出して神経を圧迫する腰痛です。

■脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、老化や骨の形成異常で神経の通る管が狭くなり起こる腰痛です。



■神経ブロック療法による腰痛治療

神経ブロック注射とは、痛みの患部や周辺の組織に麻酔薬を注射する治療法です。
神経を麻痺させ、脳に痛みの信号が伝わるのをブロックします。
体を動かせる状態にしてリハビリなどを行い、症状の改善をはかります。
一度痛みの信号を断ち切ると過敏になっていた脳が正常に戻り、以前より痛みを感じにくくなります。
強い痛みを何回かコントロールできれば、時間の経過と共に症状が改善していきます。

■腰痛治療器「プロテック3」

腰痛治療器のプロテック3は、正面を向いて座り上半身をベルトで固定します。
頭上からぶら下がっている輪っかに足を通します。
そしてイスが下がるとお尻が浮いた状態になります。
腰は上半身の体重を支え続けるため常に負荷がかかっている状態です。
腰痛治療器「プロテック3」にぶら下がると上半身を支える必要がなくなり、腰への負担がゼロになり痛みが大幅に軽減されます。
これまでの腰痛の牽引の治療器では、上半身を固定して腰を引っ張るだけでしたが、腰痛治療器「プロテック3」では腰を伸ばしながら様々な運動療法が出来ます。
凝り固まった筋肉や関節をほぐし筋力を強化することで、腰痛改善に高い効果が得られるとされています。 腰痛治療器「プロテック3」は全国およそ1200カ所の医療機関で利用可能です。

■腰痛改善法

両手でヒザを抱えるようにして曲げた足を体の方に引き寄せます。
片足ずつ15秒間を2~3回行います。 両足を抱え込んで行うと効果がアップします。
足の緊張感を取って、元々持っている筋肉の柔軟性が出来てくると、腰にかかる負担が軽くなってきます。

■腰に強い痛みがない人の腰痛改善法

仰向けになってスネ・ヒザを90度に曲げて横に倒します。
片足ずつ15秒を2~3回行います。 さらに足首を持ち背中へ引っ張る動きでも効果があります。
腰痛の解消には腰回りのストレッチが最も有効です。
緊張した筋肉がほぐれて血流がアップします。
関節の可動域も広がり腰への負担が軽減されます。

■腰痛の名医(2012年9月時点)

医療法人社団高山整形外科病院 院長
伊藤博志(いとうひろし)先生