体臭には疲労臭、皮脂の酸化による体臭、緊張性発汗による体臭、加齢臭などがあります。
皮脂の酸化による体臭は活性酸素により脂肪酸が原因となり体臭が起こり、疲労臭は疲労により肝臓の働きが弱まるため体臭が起こり、緊張性発汗による体臭は細菌が繁殖により体臭が起こり、加齢臭はノネナールというニオイ物質により体臭が起こります。




■皮脂の酸化による体臭

紫外線を浴びると肌の表面に活性酸素が増加します。
その活性酸素が皮脂の酸化を促し、ニオイのもとになる脂肪酸が出来てしまいます。

■疲労臭

人間の体は、元気な時は肝臓で分解したアンモニアを尿として体外へ排出します。
しかし疲れてくると肝臓の働きが弱まるためにアンモニアを処理し切れず、汗として体外に排出されます。
そのためアンモニア臭を放ってしまいます。
疲労臭予防のためには、一日の疲れを持ち越さないことが大切になります。

■緊張性発汗による体臭

ストレスや緊張など精神的な問題が原因で交感神経が活発化すると、体温調整のためではなく汗が分泌されます。
この緊張による汗は通常の汗よりも濃度が高く、細菌が繁殖しやすくニオイが強くなります。
緊張性発汗の人達の多くは、そんなに臭っていないとされています。
しかし臭っているのではないかと不安になってしまいます。
するとよけいに汗が出てきて、ますますニオイが強くなってしまいます。
自分の体臭を気にすると緊張性発汗をかき、ニオイは強くなります。
するとさらに体臭を気にしてまた汗をかいてしまいます。
気にすれば気にするほどニオイが増すという悪循環におちいってしまいます。
必要以上にニオイを気にしないことが大切になります。

■メタボは加齢臭がきつくなる

加齢臭がしてくるということは身体の中がメタボな状態だということになります。
加齢臭の大きな原因はノネナールというニオイ物質です。
これは皮脂腺の中にある脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことで生まれます。
メタボの人は体内が酸性で、また脂肪が多く出るためノネナールが発生しやすく加齢臭がきつくなります。
メタボな人が好む脂身の肉を食べると、さらに加齢臭がきつくなります。

■体臭の名医(2012年9月時点)

五味クリニック 院長
五味常明(ごみつねあき)先生