耳管開放症は耳管が開きっぱなしになってしまう病気です。
耳管開放症が悪化すると、耳づまり感、声が響く、巨大耳垢ができる、突然聞こえなくなるなどの症状が起こり、さらには骨を溶かして命に危険が及ぶこともあります。
鼻すすりは耳管開放症を悪化させる行動です。
耳管開放症の改善のためには血行改善、水分補給、リラックスが大切になります。
耳管開放症の対処療法としては深くお辞儀をしたり、鼻から生理食塩水をたらす方法があります。




■鼓膜と気圧の関係

耳の奥には鼓膜(こまく)があります。
鼓膜の中が中耳(ちゅうじ)になります。
高いところに行くと外の気圧が下がり、中耳の中の気圧が上がります。
すると中耳が膨らんだ感じがします。
山や飛行機でスナック菓子の袋が膨らむのと同じ原理になります。
高いところから下に行くと鼓膜が内側か外側にはった状態になり、振動しづらい状態になります。
そのため音が上手く伝わらず、聞こえが悪くなり、耳づまり感も生じます。

■耳管(じかん)について

中耳は奥の方で耳管(じかん)で鼻とつながっています。
普段は耳管(じかん)は閉じていますが、つばを飲むと一時的に開きます。
すると中耳の気圧と外の気圧が鼻を通じて同じ空気になるので耳づまり感が解消されます。

■上りより下りの方が耳キーンが強い

高い所から低い所に行くと中耳の方が気圧が低くなるので、空気を抜かれた真空パックのような状態になります。
そのため上りの時に比べて非常に耳管(じかん)が開きにくくなり、鼻から耳に空気を通そうとしてもなかなか上手くいきません。

■耳管開放症(じかんかいほうしょう)について

耳管開放症(じかんかいほうしょう)とは、耳管(じかん)が開きっぱなしになってしまう病気です。
息を吐く時には耳管を通って中耳にも空気が送り込まれしまうので鼓膜が押されて外へ膨らみ、息を吸う時には鼓膜が内側へ凹みます。
呼吸が耳管を通して鼓膜に伝わり、耳づまり感が生まれてしまいます。
耳管開放症(じかんかいほうしょう)は、症状がいつも出ているとは限らないため、耳管が閉じている時は診断が難しいことがあります。
重症になってずっと開きっぱなしの人でないとなかなか診断できません。
耳管開放症(じかんかいほうしょう)は、本人も周囲の人も正しく理解することが大切になります。

■耳管開放症の症状

 ・耳づまり感
 ・自分の声が頭の中で響く
 ・巨大耳垢
 ・全く聞こえなくなる
 ・骨が溶ける

■耳管開放症で時分の声が耳に響く理由

自分の声は、耳管が開いているせいで、口の中から鼻と耳管を通って内側から鼓膜に伝わるため響いて聞こえます。
さらには外からも聞こえるのでより響いて聞こえてしまいます。

■耳管開放症の原因

耳管開放症の発症原因は様々で、ちょっとしたきっかけで誰もが発症する可能性があります。

●体重減少
5kg、10kgと一気に体重が減った時に起こることがあります。
耳管の周りには小さな脂肪組織があり、脂肪が減ると耳管が開きやすくなってしまいます。
急激なダイエットは要注意です。

●ホルモンバランス
妊娠すると6人に1人が耳管開放症(じかんかいほうしょう)を経験すると言われています。
出産後はほとんどの人が治ります。

●脱水症状・血行不良
たくさん汗をかいた後には体内の水分が抜けて耳管周辺の血流が少し下がるため、耳管がゆるみやすくなってしまいます。

■鼻すすりが耳管開放症を悪化させる

耳垢は古くなって剥がれ落ちた皮膚に分泌液が混じった物です。
耳の穴の奥の方では、皮膚が外側へと動いています。
そのため普通なら耳の奥の方に耳垢が溜まることはありません。
しかし耳管開放症の人が鼻をすすったりすると、一時的に耳管がキュッと閉じて、おかしかった声が元に戻った感じになります。
ただし鼻すすりは、耳管開放症の人が絶対にやってはいけない行為です。
耳管開放症の人が鼻すすりを行うと、鼓膜がその度に内側に引っ張られます。
これを何度も繰り返しているうちに、鼓膜が内側にへっこむ癖がついてしまいます。
それがくぼみになり、ポケットが出来てしまいます。
こうなるとこのポケットに耳垢が溜まってしまうようになってしまいます。
いったん耳垢が溜まり始めると、その流れは止められなくなります。
どんどん中に入っていき、耳垢が大きくなればなるほど周りに炎症を起こして食い込んでいきます。
この段階でもほとんど痛みを感じないそうです。
しかし炎症が内耳に広がると除々に聞こえづらくなり、ある日突然まったく聞こえなくなることがあります。
さらには、脳と耳との間には骨があり、その骨をも耳垢が溶かしてしまい命の危険が及ぶこともあります。
また耳管開放症の人は、鼻をつまんで息を吸うのも危険です。
耳管開放症の可能性がある子供が鼻をつまむしぐさには注意しましょう。
健康な人が鼻すすりをしても巨大な耳垢はできません。

■耳管開放症の症状改善のためのポイント

 ・血行改善
 ・水分補給
 ・リラックス

深くお辞儀をすると耳管開放症の症状改善効果があるそうです。
頭を下げると耳管の周囲の血流量が増え、耳管が閉じやすくなります。

■耳管開放症の自己チェック

深くお辞儀をしたり、しばらく横になったりしてよくなるようだと耳管開放症の可能性があります。
その場合は耳鼻科を受診し、そのことを言うと診断がしやすくなります。

■生理食塩水を使った対処療法

鼻から生理食塩水をたらします。
耳管の中に入っていくと瞬間的に症状が取れるので対処療法としては効果的です。
生理食塩水を使った対処療法で様子をみると自然治癒することもあります。