薄毛・抜け毛は男性だけではなく女性も悩んでいる人が増加しています。
薄毛・抜け毛の予防には、シャンプーの仕方、ドライヤーの使い方、帽子の使用がポイント。
ジヒドロテストステロンが薄毛の原因とされています。




■薄毛について

日本では薄毛で悩む人が10人に1人いるとされています。
最近では薄毛に悩む女性が増えています。
薄毛の原因には日頃の生活習慣が深く関係しています。

■シャンプーで薄毛・抜け毛を予防する方法

頭皮にはある程度の脂が必要です。
頭皮の脂が天然の保湿剤になって髪の毛を守ってくれています。
そのためシャンプーで洗い過ぎると、脂が落ち過ぎて髪の毛が抜けやすくなってしまいます。
頭皮の脂分や汚れは、1日1回のシャンプーで大丈夫です。
シャンプーの際の力の入れ方は、顔を洗う延長だと思うぐらいの力加減で十分汚れは落ちます。
シャンプーは2度洗いすると良く、一度目は髪の毛の汚れをさっと落とし、2度目はしっかり地肌を洗います。
シャンプーの時に大切なのは、しっかり洗い流すことです。
洗う時間の倍くらいかけてすすぐと良いです。

■ドライヤーで薄毛・抜け毛を予防する方法

強い風で、熱は遠目で、しっかり短時間に乾かすということも薄毛・抜け毛の予防につながります。
頭皮が濡れたままだと雑菌が繁殖しやすくなり、むしろ薄毛につながる危険性があります。

■帽子で薄毛・抜け毛を予防する方法

帽子をかぶると締め付けたり、蒸れてしまったりと否定する人が多いですが、そちらのデメリットよりも紫外線のデメリットの方が大きくなります。
紫外線は、髪の毛があっても頭皮にまで届きます。
長時間紫外線に当たると、日焼けをし薄毛につながってしまいます。
紫外線の強い時は多少蒸れても帽子をかぶって頭皮を守るのがポイントです。

■ジヒドロテストステロンが薄毛の原因

ジヒドロテストステロンとは、テストステロンという男性ホルモンが毛根にある物質と結合し変異したものです。
ジヒドロテストステロンが髪の毛を成長させる毛根の細胞を攻撃し、髪の毛が抜け薄毛につながってしまいます。
女性の身体にも男性の10分の1程の男性ホルモンが存在しています。
女性は閉経すると女性ホルモンが減少すると、男性ホルモンの比率が上昇して薄毛になってしまう人が多くなります。

■頭皮をマッサージして育毛!薄毛・抜け毛改善!