切れ痔は肛門の内側の皮膚なる部分が切れ少量の出血や排便時に激しい痛みが起こる病気です。切れ痔を治したり再発を防ぐには切れ痔になっている原因、便通異常、排便習慣を正すことが大切です。




■切れ痔について

切れ痔は肛門の内側の皮膚なる部分が切れた状態です。
切れ痔の原因は便秘をして便が硬くなった時に、その便を無理に押し出すことによって切れたり裂けたりします。
また便秘だけではなく、下痢によって圧力がかなり加わった時に切れ痔になることもあります。

■切れ痔の症状

・少量の出血
・排便時の激しい痛み

排便時だけではなく排便後も激しい痛みが続くことがあります。
切れ痔の炎症が肛門周囲に及んでしまうと、お尻を締める筋肉の部分がけいれんを起こすこともあります。
そのことによって広がりが悪くなり無理に出すことによって排便後も激しい痛みが続きます。
切れ痔の場合、軽度であれば治ってしまいますが、慢性的に切れたり治ったりを繰り返すことも特徴となっています。

■切れ痔の悪循環

切れ痔になると排便時に痛みが起こります。
するとトイレに行きたくなっても痛みのために便意を我慢してしまいます。
すると便が硬くなってしまい、ますます便秘になってしまいます。
またその状態で一所懸命出すことになってまた切れるという、切れ痔の悪循環が起きてしまいます。

■見張りイボと肛門ポリープ

切れ痔が進行すると、切れ痔がかなり深くえぐれてしまいます。
するとその影響で肛門の外に見張りイボといった皮膚の突起が出来てしまいます。
また傷の内側には肛門ポリープという突起が出来てしまいます。
見張りイボと肛門ポリープは放置しても問題はありませんが、肛門ポリープが大きくなっていぼ痔のように出てきてしまうと切除することになります。



■肛門狭窄(こうもんきょうさく)

肛門が狭くなる原因は、お尻の周りの筋肉がけいれんを起こし広がらない状態のためです。
すると便を押し出そうとしても細い便しか出てきません。
そこを無理に押し出そうとすると切れ痔が繰り返してなかなか治らず、そしてお尻がますます狭くなっていくということになります。

■切れ痔は女性に多い

切れ痔が女性に多いのは、便秘ががちの女性が多いためです。
女性ホルモンの一つである黄体ホルモンが腸の動きを鈍くするために便秘になりやすくなり切れ痔になってしまいます。
妊娠中はホルモンも安定せず便通も不安定になり、便秘になったり下痢になったりして切れ痔になってしまいます。
出産に関しては、かなりいきむので肛門が裂けて切れ痔になってしまいます。
出産後は授乳により水分が取られてしまうので便秘になりやすくなります。
ダイエットなどで食べる量が少ないことで便が少なく出ずらいとうことになります。
食物繊維が摂れていないと便秘になりやすくなります。
朝食を抜くと大腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が起きにくくなり、便意を逃がしてしまいます。
また女性は便意を我慢しがちであることも原因の一つになります。

■切れ痔の治療法

切れ痔の治療は基本的に薬物療法になります。
切れ痔を治すためには、切れ痔になっている原因、便通異常、排便習慣を正すことが大切になります。

●坐薬・軟膏
 炎症を抑え、止血効果があります。

●軟便剤
 排便時の痛みを軽減します。

切れ痔は、坐薬、軟膏、軟便剤を組み合わせて治療します。
中に出来た切れ痔は、坐薬や注入軟膏を使います。

●手術療法が必要な場合
切れ痔で肛門が狭くなった場合は手術療法を行います。
お尻の周りの着んイクを少し切ってあげることによって括約筋の緊張が取れて排便しやすくなります。
直接メスを入れて筋肉を一部切るだけでお尻の広がりが良くなります。
そのことによって肛門が広がれば切れ痔や傷が治っていきます。
肛門ポリープが大きくなってしまった場合や、見張りイボが気になる場合も手術療法で治療を行います。

■切れ痔の再発を防ぐポイント

・しっかり朝食を食べる
・食物繊維を摂る
・刺激物やアルコールの取り過ぎを避ける
・排便時の強くいきまない
・便が出ない場合は途中で切り上げる

食生活で便通を良くしたり、排便習慣で肛門への負担を軽くすることが切れ痔の再発おために大切です。

■切れ痔・いぼ痔・痔ろう!痔に似た出血を起こす病気、痔の治療法