歯周病は歯と歯茎の間の歯周ポケットで細菌が増殖して歯茎に炎症が起こる病気。歯周病の原因には歯垢の磨き残し、喫煙、過度のストレスがあり、歯周病を予防には噛む回数を増やして唾液量を増やす、ストレスを溜め込まない、噛みごたえのある食材を繊維をなるべく残すなどがあります。




■歯周病(ししゅうびょう)について

歯周病(ししゅうびょう)とは、歯と歯茎の間の歯周ポケットで細菌が増殖し、歯茎に炎症が起こる病気です。
日本人の成人の約8割がかかっている国民病とも言われています。
歯周病(ししゅうびょう)を放置すると歯が抜けてしまうこともあります。
さらに重度の歯周病(ししゅうびょう)になると歯周病菌が血液に入り込み、心筋梗塞などの心臓病のリスクが高くなるとされています。

■歯周病の原因

 ・歯垢の磨き残し
 ・喫煙
 ・過度のストレス

■歯周病とストレス

歯周病の場合には、歯周病細菌が歯の周りに付きます。
その後に身体を守る反応が起こります。
ただしストレスが強い生活をしていると身体を守る反応が上手く働きません。
普段からストレスがかからない環境を作り、身体の免疫力を上げれば、ある程度歯周病菌に対抗できるとされています。

■歯周病予防のポイント

 ・食べるスピード
 ・食べている時間
 ・食材

■歯周病と食事時間

噛むことによって歯の周りの組織が活性化します。
食事時間が長いとそれだけしっかり噛むので、唾液の分泌量が多くなります。
唾液は消化を助け、口の中の殺菌消毒の効果があります。
よりたくさんの唾液が出てくることは、口の中の細菌をやっつけてくれる効果が期待できます。

■歯周病と唾液

歯周病予防に大切なのは唾液の分泌です。
噛むことで唾液腺が刺激され唾液が分泌されます。
人はゆっくり食事をすることで自然と噛む回数が増えます。
すると多量の唾液が分泌され、歯周病菌を殺菌しやすくなります。
唾液は何も食べていなくても分泌されています。
成人の1日の唾液量は約1.5リットルにもなります。
噛むことで安静時の約10倍も唾液が分泌されます。

■歯周病予防のための唾液アップポイント

 ・食材は繊維を残すように切る
 ・噛みごたえのある食材を入れる