痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

心不全(しんふぜん)について!心不全の症状や治療法

  • HOME »
  • 心不全(しんふぜん)について!心不全の症状や治療法
心不全(しんふぜん)になると、体のだるさ、疲れやすい、手足の冷え、動作時の息切れ、足のむくみ、夜のトイレの回数増加、横になると呼吸が苦しい、お腹が張るなどの症状が起こります。
心不全の治療法としては、生活習慣の見直しや改善、薬物療法、心臓再同期療法、補助人工心臓、心臓移植などがあります。

スポンサーリンク


■心不全(しんふぜん)について

心臓は収縮することによって全身や肺に血液を送り、拡張した時は逆に全身や肺から心臓に血液が戻ってきます。
心不全とは、心臓が全身に十分な血液を送れない状態をいいます。
心不全(しんふぜん)になると心臓が大きくなり、収縮した時と拡張した時の心臓の大きさがあまり変わらないという状態になってきます。
そのため血液を十分に送り出せず、血液が十分戻ってこれないという状態になります。
心不全(しんふぜん)は突然起こる場合もありますが、多くの場合知らず知らずのうちに心臓が弱って進行していきます。

■心不全(しんふぜん)の症状

・いつもより体がだるい
・以前より疲れやすくなった
・手足が冷える
・坂道や階段を上がると息切れする
・足がむくむ
・夜にトイレに起きる回数が増えた
・横になると呼吸が苦しいが体を起こすと楽になる
・お腹が張る

体がだるい、疲れやすい、手足が冷えるという症状は、心臓から全身に十分な血液を送り出せないために起こります。
また坂道や階段を上がる時に息切れするという症状はうっ血と言い、全身から心臓に戻る血液が停滞しているために起こります。
肺がうっ血すると肺に水が溜まります。
肺が水っぽくなると動いたときに息切れがしたり、呼吸が苦しくなったりします。

通常立ったりすると足の方に血液が行き、横になると溜まっていた血液が心臓に戻ってきます。
もともと心臓の機能が悪いため心臓に非常に負担になり、その結果肺は水が溜まって苦しくなります。

心不全だと腎臓にも十分血液が行かないので、昼間は尿が減ってしまいます。
しかし横になると腎臓にも血液が行くようになり、尿が増えてきます。
年を取ると眠りが浅くなりトイレに行く回数が増えたりしますが、その場合はトイレに行ってもあまり尿が出ません。
心不全の場合は、トイレに行く度に尿がたくさん出ます。
何度も起きるが、尿が出るか出ないかによって心不全か睡眠の問題かが区別できます。

心不全の場合、肝臓にも血液が溜まってしまい肝臓が大きくむくんでしまいます。
そのためお腹が張ったような気がします。

坂道や階段などで息切れすることは、COPDといった肺の病気でも起こりますが、心不全でも多く起こる症状です。
単に肺の病気と思わずに、心臓の病気かもしれないと思うことが大切です。

スポンサーリンク

■心不全(しんふぜん)の検査

・胸部X線検査
・心電図
・心臓超音波検査
・血液検査

BNPという心臓から分泌されるホルモンを測ります。
これにより心臓にいかに負担がかかっているかが分かります。
血液検査によりCOPDか心不全かが分かります。

■心不全(しんふぜん)の危険因子

・高齢者
・高血圧
・糖尿病
・心筋梗塞や狭心症を起こしたことがある人
・不整脈のある人
・その他の心臓の病気がある人
 心筋症、弁膜症など

■心不全(しんふぜん)の治療法

・生活習慣の見直しや改善
・薬物療法
・心臓再同期療法
重症になってくるとペースメーカーを使った治療を行います。
・補助人工心臓
・心臓移植

■日常生活で心がけること

●血圧や血糖のコントロール

●減塩
軽症の心不全の場合は1日7g以下、重症の心不全の場合は1日3g以下に抑えます。

●節酒

●禁煙

●毎日の体重測定
水が溜まってくると体重が増えます。
1日2kgも増えることがあった場合は、水が溜まっていることを考える必要があります。

■心不全の薬

●ABC阻害薬、ARB
血圧を下げて、しかも心臓を守るような働きをしてくれるので早期の段階から使います。

●β遮断薬
脈を遅くし血圧を下げ、心臓の負担が軽減されます。

●利尿薬・アルドステロン拮抗薬
むくんできたり、息苦しいといった、うっ血症状が出た人に使い、尿として水を体から出します。

●強心薬
重症の心不全になった場合は、心臓そのものに働いてポンプ機能を強くする強心薬を使います。

■心不全治療の名医(2012年8月時点)

大阪大学大学院 教授 循環器内科
小室一成(こむろいっせい)先生

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.