メニエール病はめまいと伴に耳鳴りや耳の閉塞感などの症状が起こる病気。メニエール病の治療法には生活改善、薬物療法、手術療法があります。薬物療法には利尿薬、循環改善薬、抗不安薬があります。手術療法には鼓室換気チューブ留置法、内リンパ嚢開放術、鼓室内薬液注入法があります。




■メニエール病

メニエール病の特徴は、めまいになります。
めまいは体のバランスが崩れることで起こる症状ですが、メニエール病の場合は体が傾いたり回転したりした時に、その方向や速度などを感知して脳へ伝える働きをしている耳に異常が起こります。
耳の中でも、体の回転を立体的に感知するセンサーの役割をしている三半規管(さんはんきかん)に異常が生じます。
さらに三半規管(さんはんきかん)は音を感じるセンサーである蝸牛(かぎゅう)とつながっています。
そのためメニエール病では、めまいとともに耳鳴りや難聴などの耳の症状が現れます。
三半規管(さんはんきかん)や蝸牛(かぎゅう)の管の中にはリンパ液があり、2階建て構造になっています。
さらに中二階というところがあります。
メニエール病ではこの中二階の部分に内リンパが溜まって、三半規管や蝸牛に影響し、めまいや耳鳴りなどを引き起こします。

■メニエール病の原因

メニエール病の原因は詳しくは分かっていませんが、ストレスや疲労などが原因で、内リンパ液が溜まり過ぎてしまうためと考えられています。
メニエール病は進行する場合が多く除々に大きくなって、場合によっては内耳膜(ないじまく)が破れてしまうこともあります。
メニエール病の場合、めまいを繰り返すうちに慣れてしまい、受診が遅れてしまうことが多くあります。

■メニエール病の前触れ

・耳の閉塞感
・耳鳴り
・低音域の難聴
・自分の声や高い音がひびく

めまいを発症する前に聴覚症状が現れる場合があります。
水膨れができていても状態が比較的軽いために、聴覚に関係する蝸牛だけに影響が現れて、バランスを保つ三半規管などに影響が及んでいない状態と考えられます。

■メニエール病と似ている病気

メニエール病のめまいは、回転性のめまいが特徴ですが、他にも同じ様な疾患を起こす病気があります。

●良性発作性頭位めまい症(りょうせいほっさせいとういめまいしょう)
良性発作性頭位めまい症(りょうせいほっさせいとういめまいしょう)は、三半規管の一部に問題が起こります。
三半規管の近くにある平衡器官の耳石(じせき)が、三半規管の一部に紛れ込んで内リンパ液の流れを乱す事でめまいが起こります。

●前庭神経炎(ぜんていしんけいえん)
前庭神経(ぜんていしんけい)とは、三半規管で感知した体のバランス情報を脳に伝える神経です。
前庭神経(ぜんていしんけい)が炎症などで障害を受け、突然激しいめまいをきたす病気です。



■めまいの違い

耳鳴りや耳の閉塞感が起こるのは、メニエール病だけになります。
良性発作性頭位めまい症(りょうせいほっさせいとういめまいしょう)や前庭神経炎(ぜんていしんけいえん)には、耳の症状はありません。
めまいが続く時間ににも違いがあり、メニエール病では1回のめまいの時間は10分~数時間続き、何度も繰り返します。
良性発作性頭位めまい症では、1回のめまいの時間は20秒~1分と短く、特定の頭の動きで繰り返します。
前庭神経炎では、めまいが数日間続きますが、繰り返すことはありません。

■メニエール病の治療法

メニエール病の治療法としては、生活改善、薬物療法、手術療法があります。
緊急事態を除いて生活改善と薬物療法で治療を行います。

■生活改善(メニエール病の治療法)

●ストレスの軽減
 趣味などで気分転換を行います。

●過労防止
 疲れを感じたら無理せず休息する。

●生活リズムを整える
 食事や就寝時間を規則正しくしリズムを作る。

●適度な有酸素運動
 ストレス解消や睡眠の質を高めます。

■薬物療法(メニエール病の治療法)

●利尿薬(りにょうやく)
体の水分を外に出し、内リンパ液の水膨れを減らすことでメニエール病の症状の改善につながります。

●循環改善薬(じゅんかんかいぜんやく)
血流を改善し、内リンパ液の水膨れを改善します。

●抗不安薬(こうふあんやく)
ストレスを軽減します。

■水分摂取療法(メニエール病の治療法)

1日の水分摂取量を、女性は1.5~2リットル、男性は2~2.5リットルを目安として摂取します。
水分を摂取すると抗利尿ホルモンが抑えられ、メニエール病の改善に効果があると考えられています。

■鼓膜マッサージ器(メニエール病の治療法)

鼓膜マッサージ器で内リンパ液の流れを良くすることで、めまいが起こりにくくなります。

■手術療法(メニエール病の治療法)

●鼓室換気チューブ留置法
鼓膜に小さな穴を開けてチューブを入れて置きます。
これにより内耳と外耳の圧の差を少なくします。

●内リンパ嚢開放術(ないりんぱのうかいほうじゅつ)
内リンパ液を吸収していく内リンパ嚢の機能低下を、内リンパ嚢に穴を開け、内リンパ液が出る水路を作ります。

●鼓室内薬液注入法(こしつないやくえきちゅうにゅうほう)
バランス感覚を司っている三半規管の働きを弱める薬のゲンタマイシンを中耳に注入します。
薬はやがて内耳の方に染み渡っていき、めまいを感じにくくします。
メニエール病でも早く対処すれば完治が見込めます。
そのためにもメニエール病の前触れに気付くことが大切になります。

■めまい予防!耳石、良性突発性頭位めまい症、めまい改善寝返り運動!