膝の痛みの原因には筋力低下、肥満、加齢、ケガがあります。変形性膝関節症は加齢等により軟骨が擦り減り骨の変形により起こります。膝の痛みを抑えてくれる重要な筋肉の大腿四頭筋を鍛える運動療法には、仰向けで行う膝の痛み改善運動、イスに座って行う膝の痛み改善運動、立って行う膝の痛み改善運動があります。




■膝の痛みの悪循環

初めのうちは膝の痛みといっても、こわばった感じであったり、突っ張った感じなどの小さな痛みであることが多いです。
こういう違和感を感じると、膝の動かし過ぎかと思って安静にすることが多くなります。
動かなくなることをきっかけに体重が増えたり、筋力が低下したりします。
すると膝関節に掛かる負担が増えて膝の痛みも増え、やがて慢性的な膝の痛みに発展してしまいます。
そしてさらに動かなくなり、体重がさらに増えて筋力も低下し、最終的には極度の膝の痛みになってしまいます。
やがて寝たきりで介護が必要な状態になってしまいます。
体重のコントロールや減量、筋力を減らさない様にトレーニングすることが大切になります。

■膝関節について

膝の関節というのは、膝の上の部分が太ももの骨「大腿骨(だいたいこつ)」で、下の方が脛(すね)の骨「頸骨(けいこつ)」になります。
大腿骨(だいたいこつ)と頸骨(けいこつ)の間のそれぞれの骨の先端を覆っている部分が軟骨になります。
そしてそこには半月板(はんげつばん)というものがあります。
この軟骨や半月板は弾力があって、衝撃を吸収し分散させるクッションの役割を果たしています。
また関節の動きをスムーズにする働きももっています。

■変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)

膝の関節は、歩いたり、走ったり、体重を支えるなど負担の大きい部分でもあります。
人によっては年齢と共に軟骨が擦り減ってしまいます。
すると骨と骨が直接当たるようになってしまい、骨の変形が起きてきます。
これが変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)です。

■膝に痛みが起こる仕組み

関節自体には神経がないので軟骨は痛みません。
それ以外の組織が痛みを感じています。
膝関節が不安定になると、関節包(かんせつほう)や滑膜(かつまく)が引き延ばされて痛みが起こります。
膝関軟骨が擦り減ると、そのかけらによっ滑膜に炎症が起こり痛みが生じます。
骨自体には神経があり、軟骨が完全に擦り減ってしまい骨が露出すると、骨の神経が刺激され痛みが起こります。

■膝軟骨が擦り減る原因

●筋力の低下
筋力によって関節は安定していますが、衰えてくると関節が不安定になってきます。

●肥満
歩くだけで体重の2倍~3倍という力が膝に掛かっています。
肥満になると軟骨が擦り減りやすくなります。

●加齢
長い間使っていると摩耗しやすくなります。
さらに加齢減少によって軟骨は若干劣化して摩耗しやすい状態になってきます。

●ケガ
半月板ご損傷すると関節の適合性が悪くなり、不安定になり年コツが擦り減ってきます。
さらに前十字靱帯は大腿骨と頸骨を繋ぎ止めていて、何らかの原因で切れると関節自体が前後にぐらついて不安定になって軟骨が擦り減ってしまいます。



■膝の痛み

●急性の痛み
強い炎症が起きて膝が腫れ上がったり厚くなったりして痛みが起こります。

●慢性の痛み
じっとしていれば痛みはありませんが、階段の上り下り、立ったり座った時の動作、正座などで膝に痛みが起こり、生活に支障が出るようになります。

●極度の痛み
安静にしている時も耐え難い痛みに襲われ、関節の動きが悪くなり、膝の曲げ伸ばしが困難になってきます。

■痛み予備軍

痛み予備軍とは、膝の動かし始めにこわばる、なんとなく膝が重いという感じです。
早期治療という観点からは、痛み予備軍の段階で対処することが重要です。
この段階では比較的軟骨はそれほど損傷していない場合が多いです。
早期の治療によって改善することが多いです。

■膝の痛みの治療

治療は主に4つの治療法からなっています。
それが運動、減量、薬、手術です。
痛みの病気別に選択する治療法があります。
痛み予備軍の段階では、基本的には運動と減量で良くなります。
急性の膝の痛みでは、炎症性の痛みには薬が効きます。
慢性の膝の痛みや極度の痛みでは4つの治療法を組み合わせて痛みをやわらげます。
慢性の膝関節症では温め、急性の膝の炎症では冷やします。

■運動の鎮痛効果

運動を行い筋肉を鍛えると、膝関節が安定化して負担が減り、痛みが改善されます。
肥満の予防解消効果が期待され、膝への負担が減ります。
運動自体には、痛みをやわらげる鎮痛効果もあります。
運動を行うと、体の中に様々な物質が産生されます。
エンドルフィン、エンケファリンなどが脳から分泌され、脳に作用して痛みを抑えてくれます。
運動を行うと交感神経が働きアドレナリンが産生され、痛みを抑える効果があります。
運動を持続することによって、痛みの神経回路自体が良い方向に変化するとされています。

■大腿四頭筋(だいたいしとうきん)を鍛える運動療法

●仰向けで行う膝の痛み改善運動
大腿四頭筋(だいたいしとうきん)は、膝の不安定を抑えてくれる重要な筋肉です。
仰向けになります。
鍛える足を左足とした場合、左の膝は伸ばしたままで、反対側の右の足を軽く曲げます。
この状態で左足を床から10cmほど持ち上げ、5秒間静止します。
左足をいったん下に下ろし一呼吸します。
この動作を繰り返します。
つま先をしっかり上に反らして上げます。
毎朝晩20回ずつ行います。

●イスに座って行う膝の痛み改善運動
イスに腰掛け、手はイスの縁を持ちます。
鍛える側の膝を出来るだけ伸ばすように足を上げ、5秒間静止します。
下ろして一呼吸あけてまた上げます。 これを繰り返します。

●立って行う膝の痛み改善運動
イスなどに手を置き、鍛える側の膝を少し曲げて前に出します。
この状態で膝のおさらの上に引き上げるようにももに力を入れて5秒間静止し、戻します。
これを繰り返します。

■薬物療法 膝の痛みの治療法

●消炎鎮痛薬(NSAIDs(えぬせいず))
・外用薬
・内服薬
・座薬
効き目が強くなる内服薬や座薬には副作用があり、胃腸障害や腎臓障害が起こることがあります。
必要なときにだけ使用し、長く用いないことが大冊です。

●解熱鎮痛薬
アセトアミノフェン
脳に働きかけて痛みに対する感受性をにぶくします。

●ヒアルロン酸
注射で関節にヒアルロン酸を注入します。
関節軟骨の保護作用、関節の動きを改善する作用、炎症を抑える作用があります。

●抗てんかん薬
神経の過敏になった状態を抑える作用があります。
副作用としては、めまいやふらつきが起こることがあります。

●抗うつ薬
痛みの神経回路にブレーキをかける働きを強めてくれます。
うつを改善する以外に、痛みを抑制する作用があります。

●オピオイド
モルヒネ、リン酸コデイン 脳や脊髄で痛みの伝達を抑える作用があります。
他の薬が効かない場合に用います。

■手術療法 膝の痛みの治療法

●関節内郭清術(かんせつないかくせいじゅつ)
関節内に関節鏡を挿入し、剥がれた軟骨のかけらや毛羽立ちなどを取り除く手術です。

●骨切り術(こつきりじゅつ)
負担が集中している骨を切り、人工骨や患者自身の骨を入れることで膝の一部に集中していた負担を減らす手術です。

●人工関節置換術(じんこうかんせつちかんじゅつ)
軟骨や骨の一部を人工物で置き換えていく手術です。
膝の変形が大きい時、軟骨の擦り減りが進んでいる場合に行われます。