痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

タイプ別ダイエット!食べ過ぎ、運動不足、代謝低下、自律神経

  • HOME »
  • タイプ別ダイエット!食べ過ぎ、運動不足、代謝低下、自律神経
食べ過ぎタイプののダイエット法は、炭水化物減らしダイエット、食べる順番ダイエット、補助食品ダイエット。運動不足タイプの人のダイエット法は、ランニング、コアリズム、カーヴィダンス。代謝低下タイプの人のダイエット法は、ショウガダイエット、ダイエットマシン。自律神経タイプの人のダイエット法は、ヨガ、温冷シャワー、半身浴。




■タイプ別ダイエットについて

チェック項目が多いのが、太ってしまう原因のタイプになります。
それぞれのタイプによって効果的なダイエット法が異なります。
自分に合ったダイエット法をしないとあまり意味がありません。
万人に効く唯一のダイエット法はありません。
弱点がそれぞれ違い、弱点に合ったダイエット方法を選ばないといけません。

■「食べ過ぎタイプ」エネルギーを摂り過ぎている

・間食が多い

・朝食や昼食を抜きがち

・甘い物に目がない

・あまり自炊しない

・早食の方だと思う

・好き嫌いが多い

ビタミンやミネラルが入っていないと、脂肪分解、脂肪燃焼がスムーズに動きません。

あまり食べていないが、野菜や果物をほとんど摂っていななく、甘い物が多い。

「食べ過ぎタイプ」の人に向いているダイエット法は、炭水化物減らしダイエット、食べる順番ダイエット、補助食品ダイエットなどになります。

■「運動不足タイプ」摂ったエネルギーを消費していない

・運動は好きではない

・1日の歩数は5000歩以下(トータル30分~40分)

・階段よりエスカレーターやエレベーターを使いがち

・腹筋が10回できない

・休みの日は家にいる

・肩こりや腰痛が気になる

運動不足だけではなく、日常生活の活動量が低下していると太りやすくなります。

意識して運動をしていないと運動不足になりがちです。

「運動不足タイプ」の人に向いているダイエット法は、ランニング、コアリズム、カーヴィダンスなどになります。



■「代謝低下タイプ」脂肪が燃えにくい体

・汗をあまりかかない

・冷え性で寒がり

・体重が5kg以上増えた(20代の頃に比べて)

・むくみやすい

・疲れがなかなか抜けない

・筋肉があまりない

様々な代謝が体にはありますが、特に基礎代謝は大きく影響します。

人は生きているだけで基礎代謝としてエネルギーを消費していますが、年齢とともに基礎代謝は落ちていきます。

基礎代謝を維持するには筋肉を落とさないようにしないといけません。

若いうちはよいですが、40~50歳になってきたときに筋肉量が少ないと太りやすくなってしまいます。

「代謝低下タイプ」の人に向いているダイエット法は、ショウガダイエット、ダイエットマシンなどになります。

■「自律神経タイプ」ライフスタイルが影響している

・寝るのは夜12時過ぎ

・お風呂の時間は短い

・便秘症

・睡眠不足がち

・エアコンづけの毎日

・アウトドアは苦手

体にある脂肪が分解し燃焼しますが、分解して燃焼するのを動かしているのは自律神経になります。

また体温の調節も自律神経が行っていて、自律神経は体の内側と外側を整える作用があります。

昼夜逆転の生活をしていたり、すぐにエアコンを付けたりしていると自律神経が乱れてしまいます。

「自律神経タイプ」の人に向いているダイエット法は、ヨガ、温冷シャワー、半身浴などになります。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.