大腸癌の原因は動物性脂肪の多い食事にあると言われています。里芋に含まれるムチンやガラクタンの食物繊維が大腸癌予防に効果的と考えられています。

■大腸癌

大腸癌による年間死亡者数は約4万人。
特に女性では右肩上がりに死亡率が増加しています。
近年では大腸癌は胃癌を抜き死亡率が高い癌と言われています。

■大腸癌の原因

大腸癌の大きな原因は、食の欧米化による動物性脂肪の多い食事にあると言われています。
また肥満や運動不足なども大腸癌の原因と考えられています。

■里芋のムチンやガラクタンが大腸癌予防に効果的

里芋は食物繊維が多い食材です。
里芋には独特のネバネバやヌメリがあります。
これはムチンやガラクタンと言われる食物繊維です。
ムチンやガラクタンには消化吸収を促進したり、排便をスムーズにする効果があります。
大腸癌の予防には排便も関係していると考えられています。
里芋を多く摂っていると、大腸癌の死亡率が低下している研究報告もあります。
ただし大腸癌予防のためには、様々な食材をバランスよく食べることが大切になります。