片頭痛はこめかみから目の周りにかけてズキンズキンと脈打つように痛む頭痛です。休日のデートは敏感な脳に刺激が強過ぎることになり片頭痛の悪化原因になることもあります。




■片頭痛(へんずつう)

片頭痛(へんずつう)は、こめかみから目の周りにかけてズキンズキンと脈打つように痛み、吐き気を伴うこともあります。
片頭痛は突然起こり、そのきっかけは音、光、匂いなど外部からの刺激です。
片頭痛は、これらの刺激に脳が敏感に反応してしまいます。
その結果、脳内の血管が広がり、三叉神経を圧迫して痛みが起こります。
片頭痛は普通の人より脳が敏感に反応する人に起こりやすい頭痛です。

■片頭痛で婚期が遅くなる

片頭痛自体が脳の興奮性の高い病気で、頭の良い人が多いと言われています。
頭が良くてインテリジェンスが高いと、下手な異性だと付いていけません。
そのため早い段階で自分から相手に見切りをつけてしまい、結果婚期が遅くなってしまうそうです。

■休日のデートが片頭痛を悪化させる

デートする休日は、緊張から開放されて血管が広がりやすくなります。
それでもがんばってデートに出かけても片頭痛になりやすいため、にさらに悪化してしまうことがあります。
映画に出かけた場合、真っ暗な中での大きな音やまぶしい画面は敏感な脳には刺激が強過ぎます。
これが片頭痛の引き金になってしまいます。
食事での場合、オリーブオイルやチーズ、赤ワインなどは血管を広げて片頭痛の引き金になってしまうことがあります。

■片頭痛予防食材

片頭痛を予防する食材としては、ビタミンB2、マグネシウムがあります。
ホウレンソウ、海藻、ゴマなどに含まれるマグネシウムは、血管の動きを正常に整える効果があります。
卵、うなぎ、牛乳、納豆、豚肉などのビタミンB2には、神経の抑制効果があり、脳の興奮性をやわらげる効果があります。
普段からこれらのビタミンB2、マグネシウムを摂取していると、片頭痛が起こりにくくなります。