良く咀嚼すると褐色脂肪細胞が刺激され脂肪燃焼します。咀嚼するとヒスタミンで出て脳の満腹中枢に作用して食事量が減りダイエットにつながります。一口ごとに箸を置くと咀嚼回数が増えダイエットにつながります。




■咀嚼(そしゃく)ダイエット

咀嚼(そしゃく)すると、その刺激が脳に伝わって交感神経を刺激します。

すると褐色脂肪細胞(かっしょくしぼうさいぼう)が刺激されてどんどん脂肪を取り込んで燃やしてくれます。

咀嚼(そしゃく)の刺激が脳に伝わると、ヒスタミンという物質が出ます。

このヒスタミンが脳の満腹中枢に作用して満腹になります。

結果、食欲を抑えられ食事量が減ります。

良く噛んで食べることで得られる脂肪燃焼や食べ過ぎ予防効果がダイエットにつながります。

■褐色脂肪細胞(かっしょくしぼうさいぼう)

褐色脂肪細胞(かっしょくしぼうさいぼう)は冷やすことによって活性化します。

褐色脂肪細胞(かっしょくしぼうさいぼう)は私達の身体に元々備わっている発熱装置です。

冬に寒い所にいると体温が下がってきます。

そんな時に身体に蓄積している脂肪を燃やして熱エネルギーを作ってくれます。

皮下脂肪や内臓脂肪は白色脂肪細胞と言います。

■一口ごとに箸を置いて良く咀嚼(そしゃく)する

太っている人は、早く食いやドカ食いが多いので、とにかく時間をかけてゆっくり食べることが大切になります。

一口ごとに箸を置き、良く咀嚼して食べることがダイエットに効果的です。

■咀嚼(そしゃく)で血圧、肝機能、中性脂肪が改善

良く咀嚼(そしゃく)して食事をすると、血圧、肝機能、中性脂肪が改善されて良くなる効果があります。

■トクホ

トクホとは、特定保健用食品のことを言います。

飲むことで脂肪を消費しやすくするお茶などがあります。

特定保健用食品は健康の維持や健康促進に役立つ成分を含み、その効果の表示が許可された食品です。