炭水化物が燃えて、それが火種となって脂肪が燃焼します。

■炭水化物とダイエット

炭水化物というのは、体内でエネルギー源となる重要な栄養素です。
炭水化物を多く含む食材としては、米、パン、麺類、芋類、果物、砂糖などがあります。
ダイエットのために主食を極端に減らす人がいますが、炭水化物を減らすと逆にダイエットは成功しません。

■炭水化物が火種となって脂肪が燃焼

ダイエットに成功するためには、体に溜まった脂肪を燃やして脂肪を減らすことが必要です。
食事で炭水化物を摂ると炭水化物が燃えて、それが火種となって脂肪が燃焼します。
しかし少ないと脂肪がうまく燃焼しません。
さらに炭水化物が少ないと体のタンパク質がエネルギーとなるので筋肉が落ちてしまいます。

■摂り過ぎると肥満に

炭水化物が多過ぎると脂肪に作りかえられてしまします。
そして体に蓄えられてしまい肥満につながってしまいます。
多すぎても少なすぎてもだめで、適量を摂ることが大切になります。

■毎日適量の摂取が大切

炭水化物は私達の体にとって非常に重要なエネルギー源です。
特に脳のエネルギー源とうのは炭水化物のみになります。
毎日適量摂ることがダイエットにも重要になります。