舌診は病気の初期症状を見つける診断方法。紅舌は舌が全体的に赤い、先端だけが赤くなる症状。溝舌は舌の所々に溝が出来る症状。地図舌は所々少し赤い、少し色が抜けている症状。舌苔(ぜったい)とは、舌が白くなった症状。歯痕は歯の形が舌の横についている症状。




■舌診(ぜっしん)

舌診(ぜっしん)とは、病気の初期症状を見つける診断方法です。
舌の形や色は人それぞれで、しかも日々変化しています。
健康なピンク色の舌が紫や青みがかったら要注意です。
全身の血の巡りが悪く、頭痛や肩こりの前兆とも言えます。
さらに心臓や肺、肝臓の病気などの疑いもあります。

■紅舌(べにぜつ)

紅舌(べにぜつ)は、全体的に舌が赤くなったり、先端だけが赤くなる症状です。
カゼを引いているときや熱があったりしたときに現れます。
ひどくなると舌の先端だけが赤くなることもあります。
通常舌に流れてくる血液というのは、のどの方から行きます。
カゼを引き始めるとのどの血行が悪くなってしまい、血液が行って戻らなくなってしまいます。
すると結果的に舌の先端だけ血がうっ血してしまい、赤くなるという症状になります。
個人差はあるが、赤みが帯びてきたら何らかのノドの症状や腫れが疑われます。
早めのカゼ薬やうがいをするなどの予防が大切になります。

■溝舌(みぞじた)

溝舌(みぞじた)とは、舌の所々に溝が出来る症状です。
多くの場合は唾液やリンパ液、血液が不十分になって舌に溝が出来るとされています。
消化管が弱ったり、ストレスがある場合に溝舌(みぞじた)が起こります。
暴飲暴食を止めると溝舌(みぞじた)が良くなってきます。

■地図舌(ちずじた)

健康な舌は全体的に均一のピンクの状態ですが、所々少し赤くなったり、少し色が抜けていると地図舌(ちずじた)の疑いがあります。
地図舌(ちずじた)は、ストレスを感じたり、アレルギー体質の人に良く見られます。
生活環境が変わったり、食べ物を食べたりした時に地図舌(ちずじた)になったときは、アレルギーを疑った方が良いです。

■舌苔(ぜったい)

舌苔(ぜったい)とは、舌が白くなった状態をいいます。
舌苔(ぜったい)は、胃腸や消化機能が弱ったときや荒れている時に見られる症状です。
舌の表面には糸状乳頭(しじょうにゅうとう)という無数の突起(とっき)があります。
糸状乳頭は通常は短いですが、胃腸機能が弱ったり、乾燥したりしてくると糸状乳頭が伸びてきます。
これ以上物を送り込まれないよう食べないようにすうりょう、いわゆる防御反応として出てくる症状です。
糸状乳頭が長くなってくると表面積が増えるので、古くなった細胞や老廃物とかがびっしりくっ付いて苔(こけ)のよにへばり付いてきます。
これは舌苔(ぜったい)という舌の苔(こけ)になります。
舌苔(ぜったい)の人は口臭に注意が必要になります。
菌の影響で症状が進んで黄色くなってしまうと、口臭だけでなく、症状が進行して胃腸機能にも何らかの病気が進行している可能性が出たきます。
また舌本体が白くなってしまうこともありますが、これは貧血の人に多く見られる症状です。
血液がたくさんある舌というものは赤くなりますが、薄いために舌全体が白っぽい感じになってしまいます。

■歯痕(しこん)

歯痕(しこん)とは、歯の形が舌の横についている症状です。
舌が少し大きくなってきているので歯によく当たりやすくなります。
そのため食いしばったり、肩がこりやすい状態です。
歯痕(しこん)が出来る状態では、体全体の水分が溜まりやすくなっているので、関節が痛くなりやすかったりします。
体の中の水が溜まりやすい症状で歯が浮きやすかったりするので、食いしばらないといけなくなってしまいます。
簡単な改善法としては水をあまり飲み過ぎないということです。
また運動をして汗をかくことも効果が期待できます。