脊柱管狭窄症は神経が通っている脊柱管が加齢で変形して狭くなり、馬尾や神経根が圧迫されて起こる病です。
脊柱管狭窄症の症状としては間欠跛行があります。
脊柱管狭窄症は手術療法にしても保存療法にしてもなるべく早く治療を行った方が良いです。




■脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)について

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)は高齢化の増加にともない増えている病です。
70代では12人に1人が発症していると言われています。
脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の患者数は、推定で240万人ほどいると言われています。
背骨は椎骨(ついこつ)という骨が積み重なっていて、中には神経が通っています。
中央には馬尾(ばび)という太い神経が通っていて両脇には神経根(しんけいこん)という細い神経が通っています。
この神経が通っている部分を脊柱管(せきちゅうかん)と言います。
脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)は、椎間関節が年と共に変形してくるために馬尾(ばび)や神経根(しんけいこん)が圧迫されて足の方に症状が現れます。

■脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の症状

・腰痛
・腰や脚に麻痺がある
・歩くと脚に痛み・痺れ・脱力感がある
・つま先立ちやカカト立ちが出来ない
・尿が出にくく残尿感や尿失禁がある
・間欠跛行(かんけつはこう)
・前屈すると症状が軽くなる

腰椎椎間板ヘルニアでは腰痛だけではなく、お尻から太もも、ふくらはぎにかけて痛みや痺れなどの症状が現れます。

●間欠跛行(かんけつはこう)
脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の症状としては間欠跛行(かんけつはこう)があります。
じっとしていると症状はないですが、歩くに従って除々にお尻から太もも、ふくらはぎにかけて痛みや痺れが起こり、歩くのがつらくなってきます。
しかししゃがんだり、お辞儀をしたり、少し休んだりすると症状が軽くなり、また歩けるようになります。
この症状を間欠跛行(かんけつはこう)といいます。

■脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアの違い

腰椎椎間板ヘルニアは前の方から神経が圧迫されるので、お辞儀などをした時に痛みが強くなるという特徴があります。
脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)は脊柱管が非常に狭くなっているので、椎間関節が変形して馬尾(ばび)や神経根(しんけいこん)を圧迫して痛みや痺れが起こります。
脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)では、後ろに反ると圧迫が強くなり痛みが起こり、逆にお辞儀をすると脊柱管が少し広くなり症状が少し楽になるという違いがあります。

■脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の原因

老化にともなう背骨の変形が脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の主な原因です。
脊柱管狭窄症には、後天性脊柱管狭窄症と先天性脊柱管狭窄症の2つがあります。
ほとんどが加齢にともなう背骨の変形によって神経の通り道が狭くなるのが原因になります。
生まれつき脊柱管が狭いことが原因で脊柱管狭窄症の症状が出る人もいます。



■脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の診断

・問診
 何時からどのような症状があるか

・触診
 どこに症状があるか

・反射
 神経が障害されているかどうか

・歩行
 歩いた時にどのような症状が出るか

・画像検査
 X線検査、MRI検査
 ヘルニアの有無、どこで神経が圧迫されているか

■脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の治療法

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の治療法としては、薬物療法、ブロック療法、理学療法、手術療法があります。

●薬物療法
プロスタグランジン製剤  神経の周りにある血管の血流を改善します。
抗うつ薬、抗てんかん薬

●神経ブロック
局所麻酔薬、ステロイド薬

●理学療法
コルセットの装着、温熱療法

●手術療法
手術療法が検討される場合
・馬尾(ばび)が障害されている場合
・痺れや麻痺などの神経障害が進行している場合
・排尿障害がある場合
・保存療法で効果がない場合

●椎弓骨切り術
皮膚を切開します。
症状が片側の場合は、片側の神経を押している部分だけを削ります。
両側に症状がある場合、両側の悪いところの骨を削り神経の圧迫を取り除きます。
身体に対しては大きなダメージを受けるような手術ではないので、高齢者でも安心して手術を受けることが可能です。
術後は長く歩けるようになり、生活の質も非常に良くなりますが、神経自体を治す分けではないので、神経が回復しきれない部分で痺れが残ったり、腰痛が残ることもあります。
入院は2週間程必要になります。
手術の翌日から歩けるようになるので2週間程で歩く自信が付き、1ヶ月ほどで日常生活のことが出来るようになります。
なるべく早く治療を始めた方が良くなります。
神経が障害されるので、症状として残ってしまうこともあるります。
手術療法にしても保存療法にしても、なるべく早く治療を行った方が良いそうです。