腰椎椎間板ヘルニアは椎間板から髄核が飛び出し神経を圧迫して炎症が起き痛み・痺れ・麻痺などが起こります。ストレス、悩み等の心理的な問題で腰椎椎間板ヘルニアが出やすくなる場合もあります。




■腰椎椎間板ヘルニアについて

背骨は椎骨(ついこつ)という骨が積み重なっていて、中には神経が通っています。
椎骨の前の部分を椎体(ついたい)といいます。
椎体と椎体の間にあるのが椎間板(ついかんばん)です。
椎間板はクッションの役割をしています。
椎間板の中にはやわらかいゼリー状の髄核(ずいかく)と呼ばれる組織があります。
この椎間板にヒビが入って、中の髄核が飛び出ることがあります。
飛び出た物が後ろを通っている神経を圧迫して炎症が起こると、強い痛み・痺れ・麻痺などが起こります。
これが腰椎椎間板ヘルニアです。

■椎間板にヒビが入る原因

・重労働
 重労働を行う人などが頻繁に腰をひねったり、
 振動が加わったり、ねじれたりするとヒビが入りやすくなります。
・喫煙
 喫煙も腰椎椎間板ヘルニアの原因になります。
 喫煙すると椎間板に栄養が不十分になりヒビが起こりやすくなります。
・遺伝
 遺伝で生まれつき椎間板が弱い人もいます。

■腰椎椎間板ヘルニアの症状

・腰痛
・腰や脚に麻痺がある
・歩くと脚に痛み・痺れ・脱力感がある
・つま先立ちやカカト立ちが出来ない
・尿が出にくく残尿感や尿失禁がある

腰椎椎間板ヘルニアでは腰痛だけではなく、お尻から太もも、ふくらはぎにかけて痛みや痺れなどの症状が現れます。

■腰椎椎間板ヘルニアの診断

・問診
・触診検査
 痛い所を確認します。
・反射検査
 ヒザやカカトを叩いて走っている神経が機能しているかどうか検査します。
・筋力検査
 足に力が入っているかどうか筋力検査を行います。
・画像検査
 X線検査、MRI検査



■腰椎椎間板ヘルニアの治療法

腰椎椎間板ヘルニアの治療法としては、薬物療法、ブロック療法、装具療法、温熱療法、手術療法があります。
腰椎椎間板ヘルニアの基本としては保存療法を行います。
腰椎椎間板ヘルニアの90%は、3ヶ月程度の保存的な治療を行うと症状が良くなっています。
腰椎椎間板ヘルニアを我慢していると神経自体が変化してくることがあります。
そのためなるべく早く痛みを様々な手段で取っていくことが良いです。
保存療法では、急性期を過ぎたらなるべく身体を動かした方が治りが早いそうです。
動かせる部分は動かして、なるべく日常生活のリズムを維持しながら治していった方が良いそうです。

●薬物療法
・非ステロイド性消炎鎮痛薬
 炎症を取り痛みをやわらげます。
・抗うつ薬、抗てんかん薬
 神経が障害されると異常な電気的な刺激が起きます。
 それを抗てんかん薬で抑えやわらげます。

●神経ブロック
・局所麻酔薬、ステロイド薬
 痛みが強い場合は、神経のそばに局所麻酔薬、
 炎症を抑えるステロイド薬を使います。

●装具療法
 コルセットの装着

●温熱療法
●手術療法

手術を検討する場合
・3ヶ月程度の保存療法で効果がない場合
・痺れや麻痺などの神経障害が進行している場合
・排尿障害がある場合
・すぐに痛みを取ってもらいたいという強い要望がある場合

手術療法では、悪さをしている髄核(ずいかく)部分を取り除く手術を行います。
皮膚を切開して取り除く方法、顕微鏡や内視鏡を使って取り除く方法があります。
腰椎椎間板ヘルニアの手術をしても、5%~10%ほどの人は再発すると言われています。
椎間板がある程度弱くなっていることで再発することがあります。

■心理的な原因で腰椎椎間板ヘルニアが起こる

国際腰痛学会の報告では、実際腰痛が全くない人のMRIで調べてみると、76%の人にヘルニアがあるということが分かっています。
痛みを出すにはヘルニアだけではなく、その他にも問題があると考えられています。
特に明らかになっているのは、ストレス、仕事場での悩み等の心理的な問題で腰痛等の症状が出やすくなる場合があることが分かっています。