機能性ディスペプシアは検査をしても特に症状は見つからず、胃もたれや胃痛が3ヶ月以上続く症状です。
過度のストレスは胃への影響が大きく機能性ディスペプシア、胃潰瘍、胃炎、胃癌の原因にもなります。




■ストレスの胃への影響

過度のストレスを与えると胃はその影響で動かなくなります。
いろいろな刺激やストレスで胃は敏感になります。
ストレスで胃液が多く分泌されると慢性胃炎の原因になります。
日常生活のストレスで問題となるのは胃液の過剰分泌です。
食べ物の消化になくてはならない胃液ですが、分泌し過ぎると胃を荒らしてしまいます。
胃液の酸が胃潰瘍(いかいよう)や胃癌(いがん)の原因になってしまいます。
ストレスは胃酸の分泌や胃の運動に非常に影響を与えます。
なかには胃潰瘍の原因になったりします。

■機能性ディスペプシア

ディスペプシアとは消化不良をいいます。
機能性ディスペプシアとは、内視鏡検査をしても目立った症状は見つからず、胃もたれや胃痛が3ヶ月以上続く症状をいいます。
機能性ディスペプシアはストレスと非常に関係があると考えられています。
機能性ディスペプシアは胃酸を抑える薬が効く人が多いことが分かっています。

■胃への負担が大きくなる行為

がぶ飲みは胃が急激に膨らみ、胃に負担が大きくなります。
冷たい物や熱い物などの胃への急激な変化も負担が大きくなります。
喫煙は胃の血流を低下させ胃炎の原因にもなります。
高カロリーの食品も胃液の過剰分泌を起こしやすくします。

■胃とリラックス効果

食事を毎日決まった時間に摂ると、胃のリズムが整い胃への負担を減らすことが出来ます。
リラックスすることを心がけると胃への負担を減らすことにつながります。

■胃への負担を減らすストレス解消法

力を抜いて手をさすり合わせます。
できるだけやわらかくして手と手の密着感が生まれるようにさすり合わせます。
身体の力を抜き、手の動きに合わせて身体を少しくねらせます。
さらにリラックスする言葉をつぶやきます。
手をさすることで神経を刺激して温めることになり、脳をリラックスさせる副交感神経を優位にします。
その結果、脳が支配していた胃へのストレスが軽減されます。
さらに自分が気持ち良いと感じる言葉を口にしながら行うとより効果的になります。