副鼻腔炎は副鼻腔の内側を覆っている粘膜に炎症が起こる病気です。
急性副鼻腔炎はカゼのウイルスや細菌などが副鼻腔に広がり炎症を起こす病気。
慢性副鼻腔炎は副鼻腔炎の症状が3ヶ月以上続く状態です。
蓄膿症などの非好酸球性副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎があります。




■副鼻腔炎(ふくびくうえん)について

鼻の穴から続く空気の通路を鼻腔(びくう)と言います。
私達の顔の骨には、鼻腔(びくう)につながっている空洞があります。
この空洞を副鼻腔(ふくびくう)と言います。
副鼻腔は、ほぼ目の端、額(ひたい)、鼻のずっと奥の方にもあります。
鼻を挟んで両側にあり、全部で8つの副鼻腔があります。
全ての副鼻腔は、自然口(しぜんこう)という小さい穴で鼻腔と直接つながっています。
副鼻腔炎(ふくびくうえん)は、副鼻腔の内側を覆っている粘膜に炎症が起こっている状態です。
副鼻腔炎(ふくびくうえん)には大きく分けて急性副鼻腔炎(きゅうせいふくびくうえん)と慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)に分けられます。

■急性副鼻腔炎(きゅうせいふくびくうえん)について

急性副鼻腔炎(きゅうせいふくびくうえん)は、急性に起こる副鼻腔(ふくびくう)の炎症を言います。
カゼのウイルスや細菌などが鼻に感染し、それが周囲の副鼻腔に広がって炎症を起こした状態です。

■急性副鼻腔炎の症状

急性副鼻腔炎の症状としては、鼻水、鼻づまり、副鼻腔の痛み、頭痛、頬の痛み等があります。
その他にも、稀ですが炎症がもっと奥に広がって高熱が出たり、場合によっては失明や意識障害が出たりすることもあります。
鼻と目、頭は非常に薄い骨で仕切られているだけの状態になっています。
たまたま感染した細菌が悪い細菌だったり、患者さんの状態が非常に悪い時に、目の近くの副鼻腔に感染が起こると、骨を貫いて目の中に入ったり、あるいは頭の中に入って膿が溜まり、結果として失明したり意識障害を起こしてしまうことがあります。

■慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)について

慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)は、副鼻腔炎(ふくびくうえん)の症状が3ヶ月以上続いた状態をいいます。
慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)は大きく分けると、非好酸球性副鼻腔炎(ひこうさんきゅうせいふくびくうえん)と好酸球性副鼻腔炎(こうさんきゅうせいふくびくうえん)に分けられます。
急性副鼻腔炎(きゅうせいふくびくうえん)の治療が不十分であったり、治ったと思っても実は治っていなかったりすると、急性副鼻腔炎が慢性副鼻腔炎に移行することがあります。
慢性副鼻腔炎になった人がたまたま体調が悪かったり、また新たな鼻カゼを引いたりすると、急性副鼻腔炎に戻ってしまうこともあります。
急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎は、行ったり来たりすることがあります。
90%くらいは蓄膿症などの非好酸球性副鼻腔炎が多いです。
ただしここ10年くらいは、好酸球性副鼻腔炎も増えてきています。
重症な副鼻腔炎の患者さんの中には、好酸球性副鼻腔炎が増えてきています。



■非好酸球性副鼻腔炎、蓄膿症

非好酸球性副鼻腔炎で代表的なものが蓄膿症です。
ブドウ球菌や細菌などが、長々と副鼻腔に感染を起こした状態です。

■慢性副鼻腔炎(非好酸球性副鼻腔炎・蓄膿症)の症状

慢性副鼻腔炎(非好酸球性副鼻腔炎・蓄膿症)の症状としては、ネバネバとした鼻水や鼻づまりなどがあります。

■慢性副鼻腔炎(好酸球性副鼻腔炎)

好酸球はアレルギーに関する白血球の一種です。
喘息(ぜんそく)を合併することもあり、逆に喘息の患者には好酸球性副鼻腔炎の合併が多くあります。
ハウスダスト、カビ、温度や湿気の急な変化、疲れなどに対して身体が敏感になった時。

■慢性副鼻腔炎(好酸球性副鼻腔炎)の症状

慢性副鼻腔炎(好酸球性副鼻腔炎)の症状としては、嗅覚障害(きゅうかくしょうがい)が起こります。
好酸球性副鼻腔炎は、鼻の副鼻腔の臭いを感じる部分に近いところに一番主たる病変があります。
好酸球性副鼻腔炎になると、割と早いうちから嗅覚障害が起こる特徴もあります。

■副鼻腔炎の検査

●問診
まずどういう症状があるか問診を行います。

●内視鏡検査
内視鏡検査では、鼻の中に直径4ミリほどのファイバースコープを入れて鼻の中の腫れや鼻水の状態をチェックします。

●画像検査
画像検査では、周りに副鼻腔を見るためにX線やCTを撮り検査します。

●血液検査
血液検査では、主にハウスダストのアレルギーやカビのアレルギーがないかをチェックします。

●嗅覚検査
嗅覚検査では、好酸球性副鼻腔炎の特徴が嗅覚障害なので嗅覚を検査します。
5種類のにおいを使ってにおいの有無、においの識別などをチェックします。

慢性副鼻腔炎は段々と進行するので、患者さんの症状が有るのか無いのか分からなくなってしまうこともあります。
嗅覚の細胞は本来再生します。
しかしずっと炎症が続くと治療してもにぴが元に戻らないということもあります。

■副鼻腔炎の治療

治療は症状がある場合はずっと行います。
一般的には週に2~3回行います。
症状がしっかり治るまで局所治療を行う必要があります。

●膿や鼻水の吸引
鼻に溜まった鼻水や膿を吸引して中を掃除します。

●点鼻薬による治療
炎症をやわらげる薬を鼻にスプレーします。

●ネブライザー(噴霧器)
抗菌薬や腫れを取る薬を蒸気にしたものを吸って局所治療を行います。

●薬物療法による急性副鼻腔炎の治療
抗菌薬(ペニシリン系、セフェム系、キノロン系)で原因菌を退治します。

●薬物療法による慢性副鼻腔炎の治療
非好酸球性の蓄膿症などの病気の場合はマクロライド系抗菌薬を使います。
ただし細菌を殺す量ではなく、少量を長期間使う治療を行います。
粘液溶解薬は、鼻水をサラサラにして鼻水を出やすくする治療です。

●薬物療法による好酸球性の副鼻腔炎の治療
ロイコトリエン拮抗薬というアレルッギーの治療薬を使います。
粘液溶解薬、ステロイドという腫れを取る薬を点鼻薬や内服で使います。

●手術療法
通常は薬で治りますが、効果がないときは手術療法を行います。
内視鏡を使って鼻ポリープや腫れた鼻の粘膜を除去したり、溜まった膿の吸引を行ったりします。