痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)について!足底腱膜、原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 足底腱膜炎(そくていけんまくえん)について!足底腱膜、原因、症状、治療法
足底腱膜炎は足の裏にある足底腱膜が炎症を起こして痛みが出る病気。足底腱膜炎は直ぐに痛みが取れるとは限りません。ストレッチを長く行うことで足底腱膜炎が良くなることもあります。

スポンサーリンク


■足底腱膜炎(そくていけんまくえん)について

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)とは、足の裏にある足底腱膜(そくていけんまく)という場所が炎症を起こして痛みが出る病です。
足底腱膜炎(そくていけんまくえん)は50代60代の女性に多いですが、若い人でも長く立っていたり、長時間歩いたりした時に起きることがあります。

■足底腱膜(そくていけんまく)

足底腱膜(そくていけんまく)は、踵(かかと)の骨から土踏まず、指先へと扇状に広がる厚い膜です。
この足底腱膜(そくていけんまく)に炎症が起きたのが足底腱膜炎(そくていけんまくえん)です。
足底腱膜(そくていけんまく)は踵(かかと)の骨にくっ付いていますが、この部分は組織的に弱い構造をしています。
そのため足底腱膜(そくていけんまく)に負担がかかると、踵(かかと)の少し内側の部分に負担がかかり小さな亀裂が起こることがあります。
そして炎症を起こして、歩き出した時のぶつかる痛み、足底腱膜(そくていけんまく)が伸ばされた痛みなどが出てきます。

■足底腱膜炎、亀裂と修復

日中の負担により足底腱膜(そくていけんまく)に小さな亀裂が生じることがあります。
寝ていたり、足を動かさない時の安静時では、この小さな亀裂を治そうと修復作業が起きています。
ただその過程で修復されてきたところが非常に固くなってきます。
そのため体重がかかり動き出した時に、その固くなったところが引っ張られて痛みが生じます。
朝起きた時の一歩目の痛みが何日か続いた時は、足底腱膜炎(そくていけんまくえん)の可能性があります。
歩いてほどよく体重がかかることによりストレッチ効果が生まれ、固くなったところが少し伸ばされ、それによって痛みが出にくくなっていき痛みが馴染んでいきます。

■足底腱膜炎(そくていけんまくえん)の症状

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)の症状としては、寝起きや長時間座った後の一歩目の歩き出したときにズキンという痛みが踵(かかと)に起こります。
足底腱膜炎(そくていけんまくえん)は両足に起きる人もいますが、利き足の片足に起こることが多いです。

■足底腱膜炎(そくていけんまくえん)の原因

・歩き過ぎ ・立ち過ぎ ・スポーツでの足の使い過ぎ ・加齢 ・肥満 足は横から見ると土踏まずのところを頂点として、つま先から踵(かかと)まで縦のアーチ構造になっています。
このアーチ構造により体重を支えたり、歩くことが出来ています。
体重がかかるとアーチがつぶれようとしますが、それを支えているのが足底腱膜(そくていけんまく)です。
そのため長く立っていたりすると負担がかかり足底腱膜炎(そくていけんまくえん)の痛みが生じてきてしまいます。
加齢により足底腱膜(そくていけんまく)がくっ付いている踵(かかと)がもろくなると痛みが生じます。
肥満の人の場合、体重がかかることで足底腱膜(そくていけんまく)にかかる負担が大きくなるため痛みが生じます。

■足底腱膜炎(そくていけんまくえん)の治療法

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)の治療法としては保存療法が基本となります。
ストレッチ、装具、薬により症状をやわらげます。
足底腱膜炎(そくていけんまくえん)が歩き過ぎ、立ち過ぎ、スポーツでの使い過ぎが原因の場合は、まずはそれらを控えるようにします。
急に痛みがひどくなってきた場合は、運動なども1週間程控えるようにします。
肥満が原因の場合は減量を行いましょう。

スポンサーリンク

■ストレッチで足底腱膜炎(そくていけんまくえん)をやわらげる

ベットかイスに腰掛けて体勢を作ります。
痛い方の足を上に組みます。
右が痛い時の場合、踵(かかと)の部分を左手で支えて、右手で足の親指から小指までを反らしてあげます。
10まで数えてゆるめます。
これを繰り返します。
ストレッチは朝昼晩10回ずつ行いましょう。
痛みがある場合は、痛みに応じて反り返す程度を変えましょう。
ストレッチにより足底腱膜(そくていけんまく)がやわらかくなり痛みが出にくくなります。
歩き始める前、痛みを感じる前にストレッチでやわらかくしておくことも大切です。
朝の起きがけや長時間座った後にストレッチを行うと良いです。
お風呂上がりに行うのも効果的です。
ストレッチを行っても痛みが取れないからといってすぐに止めてしまわないで、長く行うことで良くなることもあります。
半年や1年続けて良くなっていくこともあります。

■足底挿板で足底腱膜炎(そくていけんまくえん)をやわらげる

足底挿板(そくていそうばん)は靴の中に入れて使います。
靴の中に入れると立てのアーチを支えて足底腱膜(そくていけんまく)の負担を減らしてくれます。
足底挿板(そくていそうばん)は医師と相談して、自分の足に合ったものを作って使うことが大切です。

■足底腱膜炎(そくていけんまくえん)をやわらげるために

靴を新しい物に交換して痛みが出ることもあります。
そういう場合は慣れた靴に戻すことも一つの方法です。
家の中などでは、スリッパや厚手の靴下などで患部を保護して歩くと良いです。

■薬物療法で足底腱膜炎(そくていけんまくえん)をやわらげる

飲み薬、貼り薬、消炎鎮痛薬で痛みをやわらげます。
痛みがどうしても強い場合は、ステロイド剤や局所麻酔薬を患部に注射して治療します。

■手術療法による足底腱膜炎(そくていけんまくえん)の治療

手術により患部の負担を取ることもあります。
ただし保存療法で8割以上は治っていくので、まずは保存療法での治療を行います。
足底腱膜炎(そくていけんまくえん)は直ぐに痛みが取れるとは限らないので、気長に行っていくことも大切になります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.