健康のためには善玉菌を増やして腸をキレイにして良い血液を作ることが大切。ヨーグルト、漬物、マッコリで善玉菌を増やし、納豆で悪玉菌を退治。




■健康と善玉菌

健康になるためには良い血液を作ることが必要で、良い血液を作るには血液を作る腸をキレイにする必要があります。
腸をキレイにするためには、腸の活動を助ける善玉菌を増やすことが必要です。
つまり健康は善玉菌がポイントになります。 善玉菌が増えると腸が活性化します。
食べ物からの栄養分を腸が最大限に吸収し、質の良い血液が作られ全身へと巡っていきます。
善玉菌を増やすには、善玉菌の仲間を摂ることが一番良いです。
直接入れてあげるのが一番手っ取り早いです。

■ヨーグルトで善玉菌を増やす

ヨーグルトの菌は案外早く体外へ出てしまいます。
ヨーグルトは継続的に摂らないとなかなか効果が出てきません。

■漬物で善玉菌を増やす

漬物は植物性の乳酸菌がものすごく入っていて、野菜で作られたヨーグルトとも呼ばれています。
植物性の乳酸菌は動物性の乳酸菌よりも強く、腸の中でずっと育ってくれます。

■マッコリで善玉菌を増やす

マッコリは発酵する過程で酵素を出してきます。
これが善玉菌をかなり成長させてくれる作用があります。

■善玉菌の増やし方

善玉菌がお腹に入っても餌がないとダメです。
善玉菌の大好物なものをあげるとすごく力を発揮してくれます。
善玉菌の大好物には、タマネギ、お酢、ハチミツがります。
これらの食材には善玉菌の食べ物となる成分が豊富に含まれています。
タマネギにはオリゴ糖、お酢にはグルコン酸、ハチミツにはオリゴ糖とグルコン酸の両方が含まれています。
オリゴ糖は熱にも強いので、タマネギを炒めても大丈夫です。
特にオリゴ糖の場合は低カロリーなため、ダイエットとかを気にしている人には効果が期待できます。

■納豆で悪玉菌を退治する

納豆はジピコリン酸という物質を出して、悪玉菌を退治するということが考えられています。

■善玉菌を増やす健康料理

納豆にグルコン酸が入っているポン酢を加え、さらにオリゴ糖の入っているタマネギをみじん切りにして加えます。
さらに温かいご飯の上に刻んだチーズを乗せます。
チーズには整腸作用があり、発酵物質が効果的です。
チーズを乗せたご飯の上に、さきほどの納豆を中心にして作った物を乗せて出来上がりです。