目の眼圧が高くなると視神経が圧迫され、視野の中に見えない部分が起こり緑内障を発症。緑内障の治療には定期検査を受け早期発見することが大切になります。




■緑内障について

40歳過ぎからの加齢による目のトラブルは、老眼以外にも様々あります。
特に恐いのが失明リスト一番の緑内障です。
気付かぬうちに視野が欠けていき、やがて失明してしまう恐ろしい病です。
緑内障にはいくつかのタイプがあります。
最近注目されているのが、眼の視神経が知らないうちに傷んでいて、視野、物を見る範囲が狭くなっていくものです。
放っておくと失明してしまいます。
40歳以上の人の20人に1人が緑内障にかかっていると言われています。
眼科検査を行い、早期発見をこころがけましょう。

■緑内障と眼圧

目の中には眼圧があり、これにより眼球の形を保っています。
眼圧が高くなると目の視神経が圧迫され、見たものを脳に伝える神経繊維の数が減少してしまいます。
そのため視野の中に見えない部分が出てしまいます。
またもともと視神経が弱いために緑内障になってしまう人もいます。

■緑内障の治療には早期発見が大切

早く気付いて治療を開始すれば、緑内障は進行を食い止めることができます。
なかなか気がつかないうちに進行し、悪化して病院にくる人が多くいます。
約90%の人は、緑内障があるにも関わらず治療していないと言われています。

■視野の欠けを補完してしまう働き

頭の方で、見えない部分を補完するという働きがあり、見えてないにも関わらず見えているように感じてしまうということがあります。
重度になるまで緑内障に気付きにくく、じわじわと進行して、病気と分かったときには視野の欠けが大きくひろがってしまいます。
最近の研究では、重症の緑内障患者の4人に1人が自動車事故を起こしていると報告があります。
緑内障を早期に発見するには、定期的な眼科検査が大切です。
進行を遅らせたり止めることができます。